昔とは違う8巻「お前ら全員めんどくさい!」


帯見てビックリですがこの秋に実写映画が公開らしいです
楽しみですねできれば観に行きたい

エイコやリホだけじゃなく他の女子からもチョコをもらうクニヒコ、義理とはいえ人気はあるようです

そんなクニヒコ先生
昔の写真からカズミと過去に接点があったことを思い出し忘れていた事を謝罪

彼女にはなれなくても友達にはなれると言うクニヒコでしたが
カズミの気持ちは既に友達の好きではなくなっています

そして、作中ではあっという間に春となりカズミたちも2年生

1年生には小雪先生の姪っ子、響が新入生としてやってきます
クニヒコに会っていきなり泣いてしまう響
理由はクニヒコ担任のクラスになれなかったことが原因というのが
まだ、あどけなさが残っている感じがありますね

とはいえ、高校の担任ってほとんどが1年から3年まで通して担任じゃないの?
って思うんですけどそうでない学校もあるんでしょうか?

新しいライバルが入学してきてはいますが2年生のカズミたちは忙しいことに
5月には沖縄への修学旅行が待っています・・・早い!
私の高校の修学旅行は9月か10月頃だった気がするんですけど・・・

そして、沖縄旅行で水族館に訪れるクニヒコたちですが水族館を回っている最中にカズミがいなくなってしまいます

当然、カズミを探すことになりますがカズミを見つけたエイコでしたがその先にはクニヒコもいて・・・どんな会話していたのかは9巻でわかるんでしょうか?

修学旅行はひと波乱あるのか気になる8巻でした。

ごほうびだけじゃなく、がんばれごはんもな8巻「ごほうびごはん」


今回は企画部の「磯貝くん」が登場

青柳主任の同期で口が悪いのが特徴、そんな磯貝くんは会社が創業40周年のイベントとして全社員対象で社内コンペを始めますが他部署の人間にも募集をかけているのが気に食わないようです

ですが咲子は社内コンペの募集を知って目の色が変わります

企画部志望だった咲子

面接でもその気持ちを伝えていた咲子でしたが全員が全員、希望した部署に配属されるわけではなく咲子は別の部署へ配属

そんな彼女に訪れたチャンス、ご飯を食べながら試行錯誤しコンペに募集します

一方で本田くんはちゃんと締切を確認してた?という結果が待ち受けています(笑)

会社に入社してやりたかったことを遂げた咲子
磯貝くんの厳しい意見もしっかりと聞き入れながら頑張ります

そんな時にはごほうびごはん・・・ではなくがんばれごはんで英気を養います

夢の新商品の企画を成功させた8巻でした
・・・とはいえ、そう簡単に初期案通りにはいかないんもんみたいですね。

年末年始も窓からな3巻「まどからマドカちゃん」


3巻ではポールダンスやったり陶芸やったり新体操なんかやったりするマドカちゃん

さらにはコンビニなんかも部屋にオープンしたりしています
コンビニではやたらとクジにこだわり、景品も凝っていたり・・・福田先生、商品化狙ってる?
あったらちょっと欲しいかも(笑)

後半ではたい焼き屋やったり琴を色んなバリエーションで弾いたり巨大な和紙で小田君と○×ゲームをやったりしています
最後の方にはクリスマス、正月と年末年始のイベント

クリスマスにフライドチキンは王道ですね・・・けど作り方がなんか凄い
見ているとそこまでして調理しなくてもなんて思っちゃいます(笑)

正月には着物姿のマドカちゃんと羽根つきで勝負する小田君
基本的に色々やれちゃうマドカちゃん・・・そして、何度も勝負をする小田君は負けず嫌いな性格?

コンビニでなんでも温めちゃうマドカちゃんの3巻でした。

セーラー服も夏服へ・・・な3巻「明日ちゃんのセーラー服」


3巻では中間試験が終わって体育祭の準備が始まります

小路は水泳での参加を希望していましたが木崎から小路は泳ぎが早いと知った副委員長の「龍守 逢」は水泳部の「水上 りり」と競争させてアンカーを決めようと提案

水上から過去に大会で全国にも行ったことがあると知った小路は勝てないと決めつけていましたが水上から勝負に勝ったら小路のセーラー服と自分のブレザーを交換するよう賭けてきます

お母さんに作ってもらったセーラー服・・・簡単には譲れません小路も勝つ気で本気になります
水泳シーンはスポーツ漫画でもないのに物凄い気合の作画って感じです

そして、作中では夏に突入!ってことで小路のセーラー服も衣替えで夏服です
夏服を着た小路がクルッと回転するシーンは今回の見所かも?

体育祭の練習を頑張る小路たちですがバレーがうまくいかないようで休日に使える体育館として
小路は自分が通っていたふたば小学校の「まこ先生」にお願いして体育館を借りて練習

小路に友達ができて嬉しいまこ先生
さらに6人しか来ないと思っていたまこ先生が体育館で目にしたものに先生の涙は止まりません

とにもかくにも体育祭に向けて頑張る小路たち

まこ先生は涙もろい?3巻でした

待たせたままの・・・「恋は雨上がりのように」完結10巻


10巻とキリ良く完結。

最終巻ということもあってか今回は手編みのマフラーを届けに行ったあきらと正巳のやり取りがずっと描かれています。

手編みのマフラーを正巳が受け取ったり、正巳の部屋で他愛もない話を続ける二人。
二人で初詣にも行ったり。

あきらは正巳と一緒にいられる時間が嬉しいようですが正巳は彼女の恋に終わりを告げます。
とはいえ、正巳が本当にやりたかったことはあきらの恋云々ではなく本当にやりたいことをやらせたかったのかもしれません。

そして、今日から実写版の映画も公開
流石に原作ラストまでは描かれていないでしょうけど楽しみです。

まあ、観に行くのは土日のどちらかですけど。

漫画の最後には最終話の後日談となるアウトロダクションが!
あきらと西田、はるかの女子会?なんかやっているのですがそこで描かれるあきらの表情は今までに見た事のない笑顔。
何というか今までの落ち着いていた表情に比べて年相応の笑顔って感じが印象的です。

最終回を読んで10年後のあきらと正巳を読んでみたいなと思う完結10巻でした。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
431位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
107位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon