ボーッとする=ゾーンの完結2巻「金のタマゴ」


ようやく2巻でたと思ったら今回で完結・・・残念です。

先輩の高野に一流のラノベ編集者にしてやると言われ特訓を受けます。
特訓の内容はラノベを読めです。

ひたすら只、1ヶ月間もの間ラノベだけを読み続けることになる珠子。
他の仕事はまったくさせてもらえません!

それでも1ヶ月間ラノベを読み切って新しい指示が高野より降ります。
それは新人賞の選考・・・ラノベを読みます(笑)

また苦行を強いられているかと思いきや、これにはちゃんと高野の思惑があり、珠子の特訓にもなっていました。

とはいえ他の仕事もしたい珠子。
そんな珠子に新しいラノベを読む以外の指示を出す高野。

今度は今やっているアニメを全部見ろというもの。

その後、1巻で打ち切りになってしまった珠子の初担当作を読むことになり改めて面白いと再確認する珠子。

そして、今度は気になる宣伝方法をしているラノベ作品を読めと指示を受けます。

結局、ループしている教育(笑)

2巻で紹介される編集者のゾーン。
やることが特にないと発動するらしいです(笑)

世間からしたら仕事しろ!って言われそうなゾーンです(笑)

そして編集歴2年目にラノベ編集部に新人の「熊谷 恵」が登場。
編集歴4年の彼女は思い切り珠子の先輩。

どういう上の判断かわかりませんがファッション誌の担当からラノベ編集部にやってきたみたいです。
結局、部署のキャリアは上かもしれませんが社員としては先輩の熊谷。

珠子にとっては残念な結末だったようです。

しかし、それでもしっかりと成長していく珠子。

ラストは打ち切り漫画ですとでも言わんばかりの落とし方でしたが最後ということからかハッピーエンドにまとめています。

ほとんど珠子の活躍だったから数真の活躍が見れなかったのは残念。
もう少し長く続けば数真の活躍する場面ももう少し読めたのでしょうけど。

暇だとゾーンに入ってしまう完結2巻でした。

おばあちゃんだってごほうびがほしい6巻「ごほうびごはん」


今回は咲子のおばあちゃんが主役の回があります。

ゲートボール大会で優勝して手に入れたギフトカード5000円で普段はやれないいろんなぶどうの食べ比べを満喫しています。
普段だと贅沢に見えることでも今回は大会で優勝した商品での食べ比べ頑張った自分へのごほうびといったところ、おばあちゃんでもごほうびごはん(?)が欲しいということですね。

今回もある部長のデザートチョイス。
なんか1巻に1話はある気がするけど(笑)
しかも、健康診断でいろいろと言われているようでやはりというかなんというか甘いものばかり食べてはいけないということですね。

さらには新年会後の2次会でいつものメンバーたちでなぜかカラオケに行くことになるのですが、カラオケのフードメニューがメインに取り上げられるかと思いきやそっちよりもカラオケのチョイスが・・・部長が知らない曲は歌えないとばかりに80年代90年代をチョイスして歌う咲子たち・・・思わず部長もAKBは知っているよとか心の中で突っ込んでいます(笑)

そして、今回1番気になったのは本田と滝のレンチン料理。
レンチンではありますがホームベーカリーを購入して三日坊主になってしまった小湊には衝撃。
普段料理しなさ2人だからこその衝撃なんでしょうが、料理の中身も個人的に衝撃。

本田は茶碗蒸し、滝はプリンをレンチンしています。
作り方も結構お手軽で実際に昨日は茶碗蒸し、今日はプリンを作ってみました。

上司とのカラオケは料理よりも曲に気を使う6巻でした。

ホントに手軽にできちゃいます。
どちらもお手軽でしたが特に茶碗蒸しは良かった。

水とめんつゆと卵があれば作れちゃうんだからすごい。

自分で作ってみてめんつゆがもう少しあれば良かったなと思いましたがそれでもまた作ってみたいと思います。

本田と滝の話を聞いてホームベーカリーを使ってみようと思う小湊。
この子が三日坊主で料理が終わらない日が来るのでしょうか?

しかし、小湊兄はすごい。
妹が投げてしまったホームベーカリーで餅を作っちゃうんですから(笑)

(日本の)小学校デビューの4巻「銀のニーナ」


4巻でようやくニーナも小学校へ通うことになります。

ですがいきなり歓迎しない生徒が一人委員長の「小日向 舞琴」
でも、先生の言うことを守って勉強で困っているニーナを助けてあげたりと優しい一面を見せます。

とはいえお堅い印象が他の生徒にあるのかちょっと印象が悪いようです・・・でも、ニーナは困っている自分を助けてくれた舞琴を素直に優しい子と感じています。

ニーナの素直さが委員長が心を開いてくれました。

さらにクラスメイトには亜里沙の姿もあり、他のクラスメイトとも仲良くなるニーナ。
その中でも特に仲のいいのが舞琴と亜里沙。

ですが、この二人あまり仲が良くない。
最初は仲の悪い二人に困るニーナですが、この3人での行動しているシーンがよく見られるのでニーナが二人の関係性を良くしているようにも思えます。

しかし、そんなニーナも二人が月見をしていないことを知ると怒っちゃいます。
日本の風習が好きなニーナにとって日本人が日本の行事を行っていないのがイヤみたいです。

そして、修太郎に大きなチャンスが訪れます。

銀のニーナ4-1
ここ、トーキョーって書いてあるよね

なんと昔の同僚から大きなプロジェクトに誘われます。

そのため、東京に面接に向かうことになった修太郎でしたがそれをカレンダーに書いていたためにニーナに見つかります。
東京のアキバに行きたいニーナは修太郎の面接についていこうとします。

母親に言われてニーナを東京に連れて行くことになる修太郎。

喜んでいるニーナですが面接の意味をわかっていなかったニーナ。

後になって、修太郎が東京に住むかもしれないということを知ります。
悲しい顔を見せるニーナでしたが・・・






































銀のニーナ4-2
ニーナのほしい物いっぱい買ってやるから
え、ホント?

物に釣られるニーナ・・・・・・現金ですね(笑)

そんな訳で5巻ではニーナ遂に憧れの地アキバへ赴きます。

小学校を楽しむニーナの4巻でした。

いざ山カツの4巻「山と食欲と私」


3巻で初登場した瀧実ですが・・・

山と食欲と私4-1
入籍しまして・・・

なんと、結婚しちゃいました!

しかも出会ってわずか1ヶ月というスピード結婚!!

祝福される中で自分が結婚したいかどうかよくわかっていない様子の鮎美でしたが、
瀧実の結婚に負けていられないとばかりに小松原さん、鮎美も巻き込んで山コンへ申し込んじゃいます。

合コンと登山を足したイベントのようですがやってくる年代も20代から40代と色々な人達が集います。

そんな中でちょっと鮎美が気になる人物は「小鷲さん」
他の人とは違う好きで山コンへやってきたという感じがしないのが印象的だったのか恋愛や結婚とは恐らく違う意味で気になっているのではないかなという感じ。

周囲と溶け込まない小鷲さんですが気になり出す鮎美は結婚まで想像しちゃいます(笑)

一方で小松原さんはというと・・・
山と食欲と私4-2
誰とどんなご縁があるかわからへんからな
・・・ていうかちっちゃい努力してる自分がいかにも仕事人間みたいで悲しくなってくるけど・・・出来るところからやっていかな始まらへんのや!

山コンにかける情熱が凄すぎる!!

私も見習いたいものです(笑)

そして、小鷲さんは子供が熱を出してしまったため途中で抜けてしまいます。

最後にカップリングタイムでご指名する相手には小鷲さんの名前が書けませんが鮎美は誰の名前を書いたのか気になりますね。

もちろん小松原さんも
山と食欲と私4-3
小松原来い!小松原!

とにかく必死です!
ここで結果は・・・まあ・・・・・・
人生いろいろですよね(笑)

帰りのバスで小鷲さんが書いたメモを受け取る鮎美。

人生のパートナーはできませんでしたが
山と食欲と私4-4
心の山友達が一人できました

小松原さんにはアレな山コンだったかもしれませんが鮎美にとっては新しい山仲間ができた良い山コンだったのかもしれません。

ですがその後、妙にテンションが上がっている気がする鮎美の4巻でした。

小松原さんガンバ!!

精神崩壊の2巻「悪魔のメムメムちゃん」


なりゆきでメムメムの仕事を手伝うことになってしまった小日向。

エロ本を少しでも長く見れるようになって耐性がついたと勘違いしているメムメム。
ですが五木の姿であっという間に自信を喪失するメムメム。

その後も服を褒めちぎってなんとか自信を取り戻させますが毎回調子に乗ったメムメムは・・・







































メムメム2-1
あーうー

精神崩壊を起こしてしまいます。

さらにはお気に入りのマントが洗濯されて・・・

メムメム2-2
めっちゃ縮んています

セーターでも1回の選択でこんなに縮まないのはないでしょうか(笑)

まあ、その後どうにか元の服に戻れるメムメムですが今度は悪魔狩りの「オルル・ルーヴィンス」がお供の「プル」を引き連れて登場。

悪魔の魔力を感じ取ることができるようでメムメムを見つけたオルルは・・・

メムメム2-3
魔力の残り香のようなものを感じるのよ

元々魔力がないことを自覚しているメムメムでしたが魔力は残り香程度のようでした(笑)

しかし、そんな残り香程度の魔力しかないメムメム相手でも容赦のしないオルル。

メムメム2-4
すんごいパワーでメムメムに襲いかかります

絶体絶命で自身の最後を早くも悟るメムメム。







































メムメム2-5
切れない・・・


メムメムを切ることができないオルル。
あのパワーは偽物?

とか思っていたらそうではなくご先祖が悪魔を狩りすぎたために悪魔に対して弱体化する呪いをかけられてしまった一族だったようです。

だからメムメムの攻撃にも
メムメム2-6
あーーーーー!!

メムメム2-7
ああーー!!

メムメム2-8
ギャアーー!!

残り香程度の魔力しかないメムメムの舐めきった攻撃すらもこの様。
結局メムメムを退治できず。

今度はどんな形でメムメムを退治にくるのでしょうか?

悪魔狩りに潔く、服を失うと精神崩壊するメムメムの2巻でした。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
462位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
97位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon