オタク男子とリア充女子の恋の恋愛協定「おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!」

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! (富士見ファンタジア文庫)おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! (富士見ファンタジア文庫)
(2011/07/20)
村上 凛

商品詳細を見る

中学時代、オタクであったため非道い失恋をしてしまった主人公「柏田 直輝」は高校で新たな恋に落ちます。
一目惚れした「長谷川 翠」やクラスメイト等に自分がオタクであることをバレないように高校生活を送っていきます。しかしあるとき、誤ってクラスメイトの「恋ヶ崎 桃」が所持していた本を誤って持ち帰り(ブックカバーが同じだったのと慌てていて気づかなかった)自分の本を持ち帰った恋ヶ崎にオタクであることがバレてしまいます。

そんな恋ヶ崎は直輝の本に挟まっていたカードのキャラクターが、彼女が好きな男子「鈴木 爽太」が持っているキャラクターのカードとそっくりであったため、鈴木がオタクであるか確認するよう脅迫します。

オタクであることがバレたくない直輝はそれを承諾。鈴木のことを調べます。
結果として鈴木はオタクで直輝は学校ではできないと思っていたオタク友達ができます。
しかし鈴木がオタクであったことに恋ヶ崎はショックを受けますが・・・
直輝にある頼みを申し出ます。

それは・・・・・・自分をオタクにしてほしいということ。
好きな人に近づくために自分もオタクになろうと決意する恋ヶ崎。

そして、恋ヶ崎は直輝の恋が叶うよう自分も協力すると申し出て、ここで直樹はリア充に恋ヶ崎はオタクになるための協定が結ばれました。

過去に非道いフラレたかをしたためか本文の彼の思考はネガティブな発言が多いです。

しかし、そんな彼もリア充になろうと恋ヶ崎のアドバイスを受けたり自分なりに調べて奮闘します。
でも、直樹の服装のセンスとかは基本的に失敗ばかりです。
気持ちと行動が見事に空回りしている感じが毎回しています。

恋ヶ崎もオタクになろうと頑張りますが、中学まで女子校だった彼女は男子が苦手だったり、直輝が進める鈴木も好きそうなゲームとかアニメをプレイしたり鑑賞しようと試みますが中々、受け付けません。

それでも鈴木のためにとオタクになろうとする努力は中々健気です。

そして、現在は直輝の恋愛事情に大きな変化が訪れている感じがします。
物語が大きく動き始めている現在、恋ヶ崎の恋、そして直輝の恋がどういった決着をつけるのか?

今月発売の9巻の感想は来週あたりにでも書きたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
439位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
102位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon