双子だーーー!?「私がモテてどうすんだ」10巻


新規タイトルを除いて最近は少なくても発売から1週間以上経ってから感想を書いていますが今回はアニメ放送中なので書いてしまおうかなと。

大好きなアニメのイベントへみんなと訪れた芹沼ですがそこで五十嵐がイベントの商品に当選。
商品を芹沼に譲った五十嵐。二科に点数稼ぎなんて言われてしまいましたがこの好意が芹沼達に波乱を呼びます。

出会った声優の三星はなんと幼稚園の頃、仲が良かった友達「三星 健」でした。
偶然の再会を果たした二人。

後日、彼女の家に三星が訪れるのですが五十嵐達は三星が芹沼に好意を持っているのではと感じ、芹沼の兄に小型カメラをつけてもらい、彼の動向を調べます。

芹沼も兄も彼のことは知っているようで彼の姿に驚き。

私がモテてどうすんだ10-1
花依と双子みてえだったのに!!

そんな兄のセリフに同調するかのように出されたアルバム。
その中身は・・・・・・







































私がモテてどうすんだ10-2
あら~ホント双子みたい!!

本当にそっくり!
五十嵐達も思わず双子と思えてしまうほど。

この頃は芹沼もですが三星も太っていたようですね。

しかも、いじめられっ子だったようで芹沼が助けてくれたこともあったようです。

その後、急に引っ越していったらしいですがそこはかなりヘビーな人生を歩んでいたようです。
さらには幼い頃の芹沼との約束を忘れずに声優になった三星はなんと芹沼の通う学校へ転校してきます。

学生生活を楽しんでいる三星ですが実は過呼吸を起こしてしまい芹沼に助けられます。
さらに学校には隠しているようですが声優業も行っている彼は疲れもたまっているようで大変な生活を送っているようです。

そんな三星を幼なじみとして助けてあげたいと思う芹沼。

ですが、常に過呼吸を起こしたりしているわけではないようで

私がモテてどうすんだ10-3
彼女の優しさにつけこむようなことはしないでほしい

全部というわけではないでしょうが仮病も使っていたことを六見。
三星に釘を刺しておきます。

しかし、その言葉は届かなかったのか・・・・・・

マネージャの「赤井」を通して芹沼へ自分のイベントの応援に来てもらうよう頼む三星。
その後、初日成功の打ち上げに三星と赤井と一緒に焼き肉パーティをする芹沼ですが、そこで突然意識を途絶えてしまい。

目が覚めると・・・













































私がモテてどうすんだ10-4
三星と同じベットに・・・!!

何がなんだかわからない芹沼ですが、一方で赤井から七島のスマホに着信。
彼らは赤井に芹沼を助けて欲しいと頼まれ、赤井は全て告白。

しかし、本当に大事なことを隠していることに気づいた六見は更に赤井へ問いただします。

そこで焼き肉を食べている最中に芹沼の飲み物に睡眠薬を入れていたことを告白。

五十嵐が赤井に殴りかかろうとしますが六見が止めます。

私がモテてどうすんだ10-5
殴るのはそのあとでいい

普段温厚な六見ですが冷静でありながらもその内の怒りが顔に出ています。

そして、三星の目的が明かされ彼は芹沼を自分の物にしようと企てていました。
実はイベントの前から芹沼の家を知っていた三星。

いつか彼女の家に訪れようと思っていたところ、イベントで偶然の再開を果たしてしまったのです。

芹沼を助け出しに宮城へ向かい芹沼のいるホテルの部屋行った芹沼は・・・・・・










































私がモテてどうすんだ10-6
みんなーー!!どうしたのーー!?

まさかの2度目のリバウンドです、しかも今回はわずか4日でここまで激太りです(笑)
正直、最初は三星が用意した影武者かと思いました(笑)
ですが本人なのです。

なんとか芹沼を連れ出そうとする六見たち。
しかし、その先には三星が用意した不良が・・・・・・

喧嘩ができない四ノ宮に芹沼を連れて行くよう頼みますが逃げ込んだタクシーに乗ろうとしてスタンガンで気絶させられた四ノ宮。
変わりにタクシーに乗り込んできた三星と赤井。

脅迫で芹沼に同行を求める三星。

私がモテてどうすんだ10-7
本当のキミを好きなのはオレだけなんだから

三星の言葉の真意は?

気になるところですが続きは11巻。
シリーズで一番緊張感のあるラストな10巻でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
462位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
97位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon