妹が信じてくれない8巻「月刊少女野崎くん」


今回は鹿島が瀬尾兄のバイト先のファミレスでお手伝いをすることに。
鹿島の仕事を見に堀と若松が一緒にファミレスへ行きますが何故かお客が若松以外、全員演劇部!

鹿島を見学に来た演劇部の反応も面白いですが瀬尾兄が気になるのは若松。
妹の性格を知っている兄としては何故妹が、若松を気に入っているのか、気になるご様子で・・・
しかし、会話に微妙なズレがある二人・・・最終的には若松が妹に好意を持っていると勘違い。
からかって楽しもうとした瀬尾兄ですがその後、都が野崎と一緒にファミレスに連日やってくることでショックを受けてしまったご様子。

しかし、今回も瀬尾と若松のエピソードは多いですね。
ネタが溢れているんでしょうか?

8巻では野崎の妹「夢子」が初登場。

少女漫画が大好きでしかも野崎の恋しよっのファン。
ですが家族で一人だけ野崎が恋しよっの作者である事を全く信じていません。

かなり変わった感性の持ち主、理想の男子を転校してきて頭が良くて運動ができて足が長くて強くて優しい美少年みたいですが理想像を一つだけにならと野崎に聞かれた夢子の一番のポイントは転校生(笑)
転校生なら誰でも良いのでしょうか?

いつか兄が漫画家だと信じてくれる日が来るのか気になる8巻でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
462位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
97位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon