サヨナラの再開「小百合さんの妹は天使」完結4巻


3巻ラストで美琴と草薙のある場面を目撃してしまった小百合ですが後日その草薙から家に誘われついていく小百合。
そこで小百合は草薙の部屋に学生時代の小百合の写真が置いてあることに気づきます。

草薙が狙っていたのはなんと美琴ではなく小百合でした。学生時代の孤独であった小百合に憧れを抱いていた事を知る小百合。
そんな姉のピンチに突然やってきた美琴・・・今までにないほどに怒っています。最後には和解して友達になった小百合と草薙ですが美琴は最後まで草薙に敵意剥き出しでした(笑)

草薙とのトラブルから今まで以上に小百合との肉体関係を求めてくる美琴・・・ですが、
突如、小百合の前から消える美琴。

突然、小百合がいなくなったらと思ったら美琴との連絡が取れなくなったばかりか小百合の職場の店長からも美琴の記憶が消えていました。
なのに美琴が通っていた高校の生徒の一部が彼女の高校生活を憶えていたりと謎が生まれますが、今回は最終巻、美琴が何故、天使となって小百合の前に現れたのか?という物語一番の謎が明かされます。

そして、その鍵を握る人物は小百合と美琴の父親。父親に捨てられたと思っていた小百合ですが、その理由も明らかになります。
蓋を開いてみればどうしようもない家庭の事情というやつが理由になっていたようです。

説明すればよかったのでは・・・と思いつつも、当時の小百合が理解してくれるのか?となるとわからないところですね。

ラストは○○様のキスで目覚める・・・某童話のような展開で、最後は悲しい結末かと思っていましたがしっかりとハッピーエンドな完結4巻でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
400位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
88位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon