訪れた来訪者は・・・・・・「実は私は」18巻


今回は少し前から登場していた箱女の正体が判明!

が、その前に今回も岡が素晴らしい!!
鳴が悩んでいる姿を見た友人の桃地と水奈川は鳴の兄である黒峰に相談。
そこで岡は鳴を傷つけたことを告白。

苦しみながらも自分が行ったことを謝罪する岡。
それを許す黒峰。

そして、岡は鳴に・・・・・・







































実は私は18-5
今更・・・・・・」「あっすみません さっきお電話させていただいた黒峰ですがー

失恋の痛みではなく虫歯の痛みで悩んでいました(笑)
前巻から岡カッコつかないですね(笑)

そして箱女の正体。
茜は気づいているようですが・・・・・・

実は私は18-1
茜にわからないことは無い!・・・という感じでしょうか。

かくしてその正体は・・・・・・







































実は私は18-2
諸晴高校前校長 白雪よ・・・!!

茜の前の校長ということですが・・・・・・







































実は私は18-3
えっあっ・・・その あれっなんだこの言いづらさ

どうやら違ったようです(笑)
しかし、前校長 白雪・・・・・・茜が珍しく敵意を向けているようで、今後の重要人物になりそうですね。

それはともかく、箱女の正体を知った白雪は・・・

実は私は18-4
コロン

人違いだったようです(笑)

と、そんな茜の勘違いはありましたが、勘違いで終わらず箱女の正体が明かされます。







































実は私は18-6
初めまして私は藍澤 渚

渚と同姓同名、それもそのはず同一人物なのですから
彼女は未来からやってきた渚です
彼女はある目的を持って渚や黒峰に接してきます。

彼女の登場と同時期に渚のもとへ一通の手紙が届きます。
母星への帰還命令
渚は地球に残るのか母星へ帰るのか選択を迫られます。

そして、決断・・・・・・

衝突する渚と渚。

実は私は18-7
もらいうけるぞ藍澤 渚
キサマなどに藍澤 渚は務まらん・・・

バックのUFOが緊張感を台無しにしていますがなんかバトル漫画のようなノリ・・・・・・
19巻でどんな展開が待っているのでしょうか?

今後も岡の恥ずかしい場面が見られるのか気になる18巻でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
93位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon