ケーキバカ女子と冷酷王子のちょっとおカシな推理小説「ケーキ王子の名推理(スペシャリテ)」


先日、感想を書いた、ぼくは明日、昨日のきみとデートするの著者七月先生の作品。

どちらも面白い作品ですが個人的にはこちらの方が好みの作品だったりします。

彼氏にフラレたケーキ大好き女子高生「未羽」が訪れたケーキ屋でパティシエ修行に励むイケメン「颯人」と出会いますが颯人はとある出来事から女子が大嫌い、どんな女子にも冷たくあしらうことから冷酷王子と呼ばれるほど。でも、ファンクラブがあったりと人気はあるみたいです。

学校でまともに話したことがない二人ですがこのケーキ屋での出会いで少しだけ関わるようになっていきます。
颯人と話したり、一緒に食事に行ったり、それを学校の生徒に見られたりでトラブルに巻き込まれたりもする未羽。
そんな中、颯人はケーキから色んな推理を発揮して問題事を解決に導いていきます。

名推理とは書いていますが推理の解説自体は結構あっさりしていて、どちらかというと未羽の視点での文章や二人の会話が面白いです。

颯人のパティシエとしての師匠なんかも登場。あえて、さりげなく伏線を入れていて気になってしまうところもあったりと、是非2巻が読みたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
462位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
97位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon