ジョーロ争奪戦?な3巻「俺を好きなのはお前だけかよ」


帯に俺好きって略されていました。公式ってことなんでしょうけど、俺好きって単語だけ見ると単なるナルシストに聞こえるタイトルです(笑)

と、タイトルの感想ではなくちゃんと本編の感想です。

2巻ラストで登場した転校生「ツバキ」こと洋木 芽春。
実は地区大会決勝戦にて過去にジョーロと出会ったことがあるツバキ。
彼の言葉をきっかけに彼女の家の串カツ屋が救われた彼女は偶然転校先にいたジョーロに尽くすと宣言。

そして、ツバキはパンジー、コスモス、ひまわり3人にいかにジョーロに尽くせるかと勝負を挑みます。

が、この勝負でサンちゃんが凄い!!
ジョーロの好みを細かく知り、さらに本人が知らないような情報まで持っている、彼はホントに1巻でジョーロを恨んでいたのか疑問に思ってしまうほどです(笑)

しかし、そんな勝負の最中にジョーロに問題が発生。
まあ、彼個人だけの責任ではなく原因の下はひまわり、ツバキなのですが、それを隠してジョーロは個人でなんとかしようと奮闘します。

金銭的な問題のためツバキのお店でバイトをすることに。
しかし、ここでもトラブルが・・・・・・

今回もサンちゃんが活躍。
ジョーロの背中をひと押ししてくれます。
そして、今回の重要人物はツバキ・・・ではなくひまわり。

色々とあったジョーロとひまわりですが二人の関係性が強く描かれた展開だったと思います。

どう見てもジョーロを好きなのはお前だけかよ・・・・・・ではないんですが新しい一歩を踏み出したジョーロ。

今後の展開も楽しみ・・・ですがラストで野球部のマネージャーの娘からサンちゃんとパンジーをくっつけて欲しいと相談されるジョーロ。何故、サンちゃんがパンジーに好意を持っていることを知っているのか?やはりターニングポイントは地区大会決勝戦でしょうか(笑)

サンちゃんのジョーロに対する知識がヒロイン勢よりも詳しかった3巻でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
409位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
80位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon