主役は新世代の猿飛ミライ!「NARUTO 木ノ葉新伝 湯煙忍法帖」


真伝以来のNARUTO小説版の新作です。

今回の主役はタイトルに書いてる通り、猿飛 アスマと紅の子「猿飛 ミライ」が主人公。

原作最終話で語られたカカシとガイの護衛任務が本作で語られています。

七代目火影であるナルトの護衛に誇りを持ち、師であるシカマルを尊敬しているミライ。
原作でナルトに語っていた通り、シカマルはしっかりとミライを1人前の忍として育てたようです。

が、六代目火影(あと、ガイ)の極秘任務の護衛としてついていったハズなのに・・・何故か彼らの温泉旅行へと付き合われることになるミライ。ですが、通った町で色んなゴタゴタに巻き込まれたり、見てはいけないものを見てしまったり等々、本編とはちょっと違った戦いが・・・・・・(笑)さらにそんな旅先でも木ノ葉の忍が登場します。平和になったということなんでしょうが、それでもよからぬ事を企てる輩は現れます。

全体を読んでいると原作最終話のその後から外伝をラスト辺りの時系列で起きたミライたちの出来事が描かれています。

これを読んだ後に外伝を読むと色々と繋がっていたりする部分が見れて面白いです。

新シリーズとしてまた、新しい新世代のエピソードを読んでみたいものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
413位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
92位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon