「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」


俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件の作者、七月先生の小説。

ラノベ以外も書いていると知りませんでした。
で、映画も年末に公開されるそうでどんな作品なのか気になって購入したのですが、まず思ったことはコレはラブコメではない・・・まあ、タイトルからしてラブコメっぽい要素は感じられませんでしたが(笑)

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件のような作品を書く人がこんな純愛小説を書くのかと思ってしまいました。

主人公「南山 高寿」が一目惚れした女性「福寿 愛美」に告白して付き合うことになり初めての恋愛を楽しむのですが・・・・・・
愛美には高寿に明かしていない秘密があります。

タイトルから愛美に関して色々と予想はしてみたものの見事にハズレました。
まあ、推理小説や漫画で犯人を特定できたことがない私がそう簡単に秘密を解けるハズもないのですが(泣)

帯に書いてありましたがこれは確かに切ないラブストーリー。
絆が深まれば深まるほど・・・・・・

読み返すと最初に見えなかったヒロインの心情が見えてくるようなストーリーです。

二人の会話なんか、初々しさ全開。
なんかバクマン。の最高と亜豆のようだななんて思ってしまったり。

そんな初々しい会話を実写映画ではどのように演じられるのか楽しみではありますが、七月先生の別の作品もまた読んでみたいなと思ってしまいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
423位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
100位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon