復讐の結末は「ミスミソウ」完結3巻


最終3巻では更なる真実が明らかになります。

春花の支えとなってくれた相場ですが彼にはとんでもない家庭事情がありました。
両親ともに非道いですね。ですが育った環境のせいか親に似てしまったのか春花に見せるさわやなかな一面とは別に思い通りにいかないことを許すことができないという一面を持っていました。

火事の中、祥子を助けてくれた相場ですが美談で終わるような話ではありませんでした。

そんな相場の一面を知らない春花は前を向いて生きていこうと決意したことを祖父に告げた病院の帰り道に小黒と出会います。

そのまま、復讐に彼女を殺そうとするかと思いきや・・・・・・小黒との会話が始まります。
実は佐山が本当に春花を殺そうとしていたとは思わなかった佐山は後悔の自責に追われていたみたいです。佐山をけしかけたことを春花に告げる小黒。

イジメグループの中で唯一、心から春花に懺悔した小黒。
彼女の謝罪を受け入れた春花。

が、佐山が小黒を襲います。
せっかく春花に許してもらえた小黒ですが・・・・・・

そして、春花と二人で東京で生きていこうとしていた相場。
ですが春花に拒否されたことで彼の本性が浮き彫りになっていきます。
小黒が春花との会話の中で相場の評価が低いことが伺えますが彼の本質を知っていたからかも知れません。

事件の外で殺された生徒の両親たちが南に詰め寄っていきます。
まったく関わろうとしていなかった南ですが彼女の過去を知られていたことを知ると暴走。
逃げ出した彼女は無残な最後が待っていました。

祥子の病室で春花を待っていた佐山。
祥子を殺そうとした佐山から妹を守ろうとする春花ですが妹の目の前で自分を殺すのかと問う佐山の一言、さらに自分勝手な発言が春花を動揺させてしまいます。

その場では特に何も起きませんでしたが突然病院へやってきた相場。
そして、こちらも突然、祖父が殴られて病院に運ばれてきたことを知った春花。

相場を問い詰める春花ですがそこへやってきたのは佐山。
わざと春花を煽って返り討ちにしようとしますが相場によって思い通りにはいきません。

ですが春花はそこで知ってしまいます。
偶然、相場のカバンから落ちてきた写真・・・・・・
そこには祥子を庇って焼死した父親の姿が写っていました。

しかも恐ろしいことに火が燃えさかる中、冷静に父親の体をずらして写真を撮っていた相場。

春花の怒りは頂点へ・・・!
そして、春花の復讐は終わりを迎えます。

廃校となる大津馬中学校・・・最後の卒業式。
そこには唯一のクラスである担任はいません、生徒もいません。

最後に一人、東京へと戻っていく春花の祖父。
なんとも悲しいラスト。

という訳でミスミソウ3巻感想でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
93位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon