正己、羅生門を語る3巻「恋は雨上がりのように」


3巻では勇斗が持ってきたハムスターを飼うことになる正己。
最初は断っていましたが息子がハムスターを理由にもっとお父さんと会いたい、なんて言われたら、お父さん飼ってしまうのですね(笑)

そして、ハムスターを飼い始めたことで職場の人達とのコミュニケーションが過去最大に取れて喜ぶ正己。
しかし、変わりにあきらは中々、正己と会話ができず・・・そして、それは仕事にも影響を与えてしまいます。

恋は雨上がりのように3-1
ガラン・・・

厨房はもぬけの殻・・・皆、正己が持ってきたハムスター「つぶ」に夢中です。

そして・・・

恋は雨上がりのように3-2
仕事してください!!!

あきらに怒られます。いい大人が集団で高校生に注意されないでくださいよ・・・なんて思えてしまう場面ですが
この後のあきらの正己へハムスターに関することは自分に質問して欲しいというセリフは実にあきらの表情が可愛らしい。
思わず正己も・・・

恋は雨上がりのように3-3
あ・・・・・・ハイ

思わず、おじさんも赤面です(笑)

あとは意外とだったのがあきらが補習を受けていたこと。パッと見は勉強得意そうなんですけどね。
バイトの休憩時間を利用して正己からなんの補習か聞かれたので羅生門と答えると今までで一番、正己興奮します。
とにかく熱く語る正己に真剣に聞き入ってしまうあきら。

その後、さらに偶然図書館で出会う正己とあきら。
2巻であきらとデートしていた時よりも活き活きとしているように見えます。

市外のため本を借りることができないと知ったあきらは変わりに借りてあげると伝えると正己も喜びましたが。
ある本を見て表情が少し暗くなる正己。彼が借りてもらった本・・・何かあるのかなと感じさせるシーン。

というのもそのはず、借りた本は正己の知り合いが書いた本でした。
自分を卑下する正己にとにかく持ち上げようとするあきらでしたがここで正己からキツい一言。
気が沈んでしまったあきら。

それでもバイトがあるため、あきらはしっかりとバイトに行きますがそこに正己はおらず・・・

風邪をひいて休んでいました。
天気は強い雨風にさらされていますがそんな中、正己宅へ尋ねるあきら・・・

部屋へ入れる正己・・・かなり続きが気になるところで3巻は終了。
4巻はどんな展開か気になりますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
446位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
107位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon