アダ名 ほぉーー・・・42巻「弱虫ペダル」


インターハイ2日目がスタート・・・・・・の前に新開からアダ名がついていたことを教えられた坂道。

弱虫ペダル42-1
「アダ名」 ほぉーー・・・

アダ名がついていると知った坂道の反応はこんな感じですが、ついたアダ名は山王

ロードレース初心者だった坂道がいきなりインターハイで頂点に立ったからなのでしょうか?
アダ名を知らされたり、勝負を挑まれたりしましたがとにかく2日目がスタート

しかし、鏑木の緊張が凄いです。
青八木がそれを上手く手懐けているのもちょっと笑えてしまいますが、鏑木は青八木に対してだけは態度が非道い。
彼が崇める神様なのに(笑)

そして、6人で走るために前を走っている鳴子と小泉に追いつくために走る坂道たち。

一方の箱学は葦木場を勝たせるために身を削り走り抜けた黒田と合流するために速度を落とし彼との合流を優先。
その状況を利用して先に鳴子達へと合流をしようとしますが・・・

弱虫ペダル42-2
後ろにいた箱学に追い抜かれてしまった鏑木

いつの間にか坂道たちの列から下がってしまった鏑木。
2日目・・・昨年の田所も列から下がってしまいましたがその時は坂道が見事に救い出しました。
今回も坂道が率先して鏑木の救出に動きます・・・・・・が

弱虫ペダル42-3
いくなァ小野田ァ!!

手嶋に止められてしまいます。
昨年と同様のことをしようとした坂道ですが昨年の坂道と今年の坂道では立場が違うことを告げられます。
昨年は一選手でしたが今は誰もが知っている昨年のインターハイ優勝者、ゼッケン1を背負っています。

苦しい状況の中、迫ってくる箱学。苦渋の決断を坂道は選択しなければいけない状況でしたが

弱虫ペダル42-4
少し用事を思い出した

坂道が後ろへ下がることができない状況で青八木が鏑木救出に名乗り出ます。

後ろへ下がり鏑木へ合流した青八木ですが何故か自分も落ちてきたと勘違いされてしまいます(笑)
何故、彼の中では青八木の評価が低いのでしょうか?

そして、手嶋たちへ追いつくために鏑木を連れて走り出す青八木ですが、調子が戻らない鏑木には
普通に走ることすらままならい状況です。
その結果・・・







































弱虫ペダル42-5
なんと鏑木が前に出ます。

しかし、何故か引っ張られるよりも引っ張る方が速く走れる鏑木。口は悪いけど自分のためよりも仲間のために走るほうが力を発揮するということでしょうか?

そして、後続の集団へと青八木たちも追いつきますが、その集団の中に京伏がいないことに気づきます。
すでに手嶋たち同様に御堂筋に合流するために走り出していた京伏メンバー、ジワジワと総北に危険が迫ってきています。

それをわかっていながら前へ飛び出すことができない鏑木。
もどかしい状況が続く中、青八木が神様のビンセンを鏑木に渡します。

弱虫ペダル42-6
「ヒメなのだ」?

鏑木と青八木・・・・・・歌っちゃうのでしょうか?
今年のインターハイでもあの歌が響き渡るのか気になる42巻でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
423位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
100位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon