「ドラゴンボール 超史集」の感想


ようやく読み終えましたドラゴンボール 超史集。

連載スタートから終了までに担当されていた編集者の当時の事を振り返ったインタビューは少年漫画でやってはいけないとされていたことを知らずに担当編集に告げていたり、読者からのクレーム覚悟でそれを承諾する心の広さを感じるような内容。

さらにTV関係者やゲーム、フィギュアのドラゴンボール制作に関わった人達のインタビューもあります。
インタビューだけではなく当時の資料や画像が見れます。さらに連載当時の週刊少年ジャンプでの巻末コメントまで完全収録されています。

さらには現在放送中のドラゴンボール超のキャラデザインとかも掲載。
最終話のネームも公開されていますが、ドラゴンボール30年分の歴史が詰まった1冊。

今、なお愛されている作品であることがわかる本でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
409位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
80位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon