ロビン・ウィリアムズ最後の主演作品「余命90分の男」

余命90分の男
本日はTSUTAYAでレンタルしてきた作品、余命90分の男の感想。
ロビン・ウィリアムズ最後の主演作・・・・・・最後ということもあってどんな作品か気にはなっていたので。

感想はコチラ↓
余命90分の男 (2014)

【監督】フィル・アルデン・ロビンソン
【出演】ロビン・ウィリアムズ / ミラ・クニス / ピーター・ディンクレイジ / メリッサ・レオ


★★★★ [80点]「最後はちょっと黒目なコメディ」

最初は笑えるような展開があまりなく、人間ドラマなのかなぁなんて思ってロビン・ウィリアムズ最後の主演なのに・・・なんて思ってしまいましたが、物語が進むにつれてどんどん笑ってしまいました。内容的にコメディはコメディでもブラックコメディに当たるのかなと思います。なのでちょっと不謹慎に感じるようなネタもありますが、やっぱりロビン・ウィリアムズはコメディ俳優だなぁと感じられる作品でした。ですが、この作品がご本人最後の主演作というのがラストに対してちょっと悲しくさせられました。

Posted by furiruwark on 2016/02/14 with ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
446位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
102位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon