オレ(私)の最高の萌え(燃え)とは・・・完結5巻「オレと彼女の萌えよペン」


連載作品がドラマCD化して人気もあり、順風満帆。アニメ化も近いのではと期待を持ってしまう泉と茉莉ですが
そう事はうまくいきません。

他誌で活躍していた人気作家が突然、同じ雑誌で新連載、さらにジャンルが同じアイドル物とかぶってしまうという自体にピンチに陥ります。しかも、泉達の漫画は人気が落ちていき、新刊の売上の低迷が決定打になり打ち切られてしまいます。1巻で二人で頑張って勝ち得た連載も終わる時はあっという間という悲しい結末です。

しかし、最終巻。物語はここで終わりません。担当の早乙女から泉が持ち込みの時にデビューを目指していた雑誌、月刊少年ドラゴン誌での新連載をかけた漫画グランプリに参戦することになります。その参加者には泉の同期である一ノ瀬や芹沢も参加します。

二人で悩み、考え抜いていく中で泉は自分の中の茉莉への想いに気づきます。
自分の想いを告白するべきか葛藤する泉。

その中で一ノ瀬の泉に対する気持ちやエミリの想いを知ることになる泉。

ラブコメらしい王道な展開を見せながらも綺麗に泉と茉莉の結末をまとめたかなと思いましたが、
やはりちょっと物足りない感じもあります。みなせなんて泉の幼馴染。もっと色んな事があったのではと思ってしまいます。

ですが、物語が完結しても2月には泉達の日常が書かれた短編集が出るそうで、オタリアとのコラボもあるそうです。
ムラサキさん、二つの作品の橋渡しとして活躍するのかな?と期待してしまう5巻でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
66位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon