箱が大人気な4巻「月刊少女野崎くん」(後編)

月刊少女野崎くん (4) (ガンガンコミックスONLINE)月刊少女野崎くん (4) (ガンガンコミックスONLINE)
(2014/01/22)
椿 いづみ

商品詳細を見る

先日の記事の続きです。

第36号
野崎くんの連載漫画の作画中に堀先輩から背景を描くように言われて背景を描く野崎くん。
野崎くん背景がおかしくなります。絵が下手というよりもパースが狂っていて人物の配置に対して
背景のパースが狂って、片方が浮いてそれを箱で補う適当っぷりは笑えます。
そして、写真を資料にするために写真を撮ろうとしてここでも何故か箱が登場。

さらに堀先輩、部活中に高いところにある物を取ろうとして箱に乗っている鹿島を見て突然、箱を蹴り飛ばすキレっぷり
箱の幻覚にとらわれています。やたらと箱の多い学校だなと思った回でした。


第37号
野崎くんの家に寄った御子柴。しかし、野崎くんは留守でそこで野崎くんの弟、真由と出会い、なんとかしてやろうと思ったところに野崎くんの漫画仲間でもある「都 ゆかり」に会い、真由が彼女に話しかけ家に上がらせてもらいます。
真由、めんどくさがりのくせに変なところで行動力を発揮します。

その後、野崎くんと都さんの漫画の感想を言ったり、デッサンのモデルになったり、原稿に花を描いたりしてました。
都さん、相変わらず漫画にタヌキが登場します。
タヌキが登場しなくなる日が来るのでしょうか?


第38号
雨の日に野崎くんの家にやってきた御子柴、堀先輩、若松の3人(堀先輩だけ元々泊まりで原稿の手伝いのようでしたが)
普段あまり顔を合わせることのないのない3人が出会い、色々と会話をしてコミュニケーションを取ろうとしますが中々うまくいかず。野崎くんはマイペースでしたが電車が動かないのを伝えて、御子柴と、若松にも泊まっていくよう提案。
しかしその目的は次の漫画のための取材でした。悪魔でもマイペースです。

ドタバタしつつも野崎くんのために人肌脱ごうとしますが、疲れたのか結局寝てしまう野崎くん。
しかし一人暮らしの高校生なのに平気で人数分の布団があるとかさすが現役の連載作家さんです。


第39号
野崎くんの現担当編集 剣さんと前担当の前野がメインの回。
前野の担当がほとんど剣さんに変更になったり、全員女性なのにキャリアによって前野対する反応が違いすぎて
おかしいです。でも都さんは変わらないみたいです。
タヌキはまだまだ続くようです。

この回で初めて剣さんが野崎くんと顔合わせをした話も描かれていますが、やはり野崎くんも前野が前担当だったためか剣さんを最初から慕っていたわけではなく、いきなりおかしな距離からでしたが、
前野から剣さんへの引継ぎのはずなのに当の前野は何故か同じお店で仕事そっちのけで合コン。
引継ぎ忘れていたって、社会人としてもうめちゃくちゃです。

しかし、剣さんが野崎くんの漫画のキャラクターを知っているというだけであっさりと慕ってくれました。
悩んでいたのが馬鹿らしいぐらい、簡単だったようです。
多分、編集の人にしては極々当たり前の事なんでしょうけどそれを前野やってなかったんでしょうね。


第40号
佐倉、瀬尾、鹿島の3人+御子柴でお祭りに行きます。
御子柴オタク脳をここでも発揮します。別にお祭りだからって浴衣を着るのは普通ではないです。
個人的にも浴衣着たことないし、男で浴衣来ている人なんかさらに見ないけど・・・ゲームの影響受けすぎです。

そんな中、野崎くんと若松が原稿作業の後にお祭りの屋台で食事を取りに来ていました。
若松は瀬尾と鹿島の二人が一緒に歩いているのを見て鹿島を瀬尾の彼氏と勘違い。

この回は最後まで勘違いしてズレた妄想に走っていきます。
でも、瀬尾は若松の遊ぶのが楽しい感じがこの回でも思えました。
そして、野崎くんの佐倉の認識の仕方・・・まさかリボンで認識していたとは(笑)

最後の野崎くんの行動に対する佐倉のリアクションはギャグ的なオチではありませんでしたが可愛らしい反応でしたね。


以上、4巻感想終了!
読み切り形式の漫画を1話毎に感想書くのは大変だぁ~~~。
1巻分の感想が普段の倍以上の時間を使ってしまった。

まあ、漫画が面白かったからイイか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
359位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
80位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon