ちょっと泣けるドッキリもある完結3巻「受付の白雪さん」


ようやく購入して一気に読んじゃいました。3巻で完結というのはちょっと残念。

ですが最終回までいつも通りとイタズラや遊びが白雪さんの日常なんだなと思わせる感じです。

購入したクイズ本からクイズを出す白雪さん。ですが、その本を購入していた田中さん。余裕でクイズに答えます。しかし、あっさりと回答する田中さんに全く動じない白雪さん。クイズ本からクイズを出して田中さんが回答できることも想定内だったからです。

さらに外国人客から英語で喋られる白雪さんと田中さん。しかし、英語を喋られる田中さんは流暢に外国人と会話。初めて白雪さんに勝ったと思った矢先・・・・・・
そのあとに起きた出来事に田中さんのふくれっ面は可愛いです。

しかし最終巻では田中さんをからかうだけではなくちょっとしたサプライズな感動も与えてくれます。
漢字検定では遠まわしな応援をしたり、最近泣いていないという田中さんに泣ける絵本として3びきのこぶたをプレゼントしたり・・・・・・ですが田中さん、3びきのこぶたでは泣きません。ですがこのオチには思わずウルッとしてしまいます。
と、同時に白雪さん・・・・・・暇だなぁとおも思ってしまいますけど(笑)

しかも今回は白雪さんが驚くことも今回は起こります。田中さんにはとても嬉しい出来事であるはずなのに・・・そういう時に限って白雪さんを驚かそうと一生懸命に万華鏡を作って、田中さんは気づかない・・・・・・おかげで田中さんの想像通りのリアクションをしてくれたわけですが・・・田中さんにとっては嬉し悲しい結末ですね。

こんな調子で最終回までいつも通りで気づいたら終わっていました。

ですが、最終回で本作は終わりません。
最後には吉沢先生の新作「NKJK」という作品の1話目が掲載されていました。
大病を患った少女と幼馴染の物語で・・・最初はギャグから一転してシリアスな物語・・・・・・かと思いましたがシュールなギャグでした。

というわけで吉沢先生の新作も掲載された最終巻でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
104位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon