時間を奪う悪魔の8巻「となりの関くん」


お手製の肩たたき券を作ったり納豆の匂いを外に漏らさない実験をしたり野球のグローブを改造したりと学校の授業中に出来るとは思えない遊びを行う関くんですが今回、関くんの遊びがバレそうのもなります。

音楽の先生である緒川先生、なんと授業中に音楽を生徒に聞かせている中、関くんが隠れて遊んでいる音を聞き取ります。
関くんが遊んでいると分かっての反応ではないのに雑音(関くんの遊んでいるときに出ている音)を正確に聞き取れています(笑)
これも絶対音感と言えるのでしょうか?
それでも遊ぼうとする関くんもすごいですが音をハッキリと聞き取る緒川先生も凄いです。次の音楽の授業では関くんはどんな遊びをするのか、そして緒川先生がそれを聞き取れるのか気になるのでまた読んでみたいですね。

今回も登場するロボット家族。この家族にだけは横井さんも関くんに対して寛容に思えます。
今回はロボット家族の写真を見るのですが、なんとお出かけして栗拾いを行います。そこでロボット家族に危機が迫ります。横井さんも次の展開が読めずドキドキが止まりません(笑)
しかし、行き過ぎた遊びはロボット家族ではなく関くんに襲いかかります。
足を骨折しちゃいます。
そして、関くんだけではなく横井さんも夢中(?)にさせる危険な遊びが・・・!
時間も忘れて一心不乱に遊んでしまえたことに横井さんは恐怖を感じ、関くんはいつも以上にだらしなくなって授業が耳に全く入りません。関くんが自分で作った遊びの誘惑と対決(?)するちょっと珍しいお話が収録された8巻でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
476位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
97位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon