宝の地図を片手にいざ宝探しへ「新宝島」


ウィキペディアの情報によると手塚先生の長編デビュー作。
4コマ形式(3コマもあり)で読み進めていく構成になっているのが本作の特徴。

電子書籍なら見開きにせずとも十分に楽しめます。

亡くなった父親が持っていた宝の地図を手に「船長」と共に宝探しに行く「ピート」しかし、宝の地図の存在を知った海賊「ボアール」がピート達に迫ってきます。
そして、宝探しを通していろんな人や動物と出会うピート。
他の手塚作品とは違う構成も面白さの一つ。

新鮮に感じる作品でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
97位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon