誓った復讐は思わぬ形に「鉄の旋律」


電子書籍で自分が知らない手塚作品が読めるのは嬉しい限り。
こちらも今回、初めて読みました。

主人公「壇」は親友の「エディ」と妹の「亜里沙」との結婚式にニューヨークで祝いますがエディはマフィアの一員でしかも父親は組織のボス。二人の結婚から自身もマフィアの一員となってしまいますが、マフィアの一員になっても自身とは違う世界と思っていたのか正義感から報復を受けてしまいます。
自身の目の前で突然起きた殺人事件。目撃者として、そして正義感から壇は警察に証言。彼の証言から事件は解決・・・・・・とはいかず、殺人事件を起こしたのはエディの所属するマフィア。壇は知らずにファミリーを警察に売ってしまい、ファミリーから報復で両腕を失います。妹の夫で親友であるはずのエディにまで唾を吐きかけられてしまいます。

そして、「バーディ」と出会い「マッキントッシュ」を紹介され、念動力で動く義手を貰いエディ達ファミリーに復讐を行おうとします。
復讐のために動く壇ですが、彼が身につけた義手は彼が眠っている時にも彼の体から離れて復讐へと走り出し、ファミリーに関わる人間の両腕を引きちぎり殺していきます。

壇が意識を失っても動きファミリーに復讐をはてしていく義手。
自らの意思では復讐を果たせない壇。
さらにエディは義手がいつ自分を殺しにやってくるかという恐怖に苛まされてしまいます。

他にも読み切り1本と短編連載1本が収録されていましたが本のタイトルを飾っているだけありインパクトは作中で1番でした。
こういうのドラマとかで観て観たいと思ってしまいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
359位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
80位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon