一方その頃がわかる14巻「はたらく魔王さま!」


今回は雑誌に収録された短編をまとめた短編集でした。

芦屋の普段の苦労っぷりや高い主婦力を持っていることが明かされるエピソードがある中で。

真奥のバイト先の上司、木崎がメインのエピソードも。木崎のライバルというか犬猿の仲とも言えるような人物「田中 姫子」が登場します。彼女との因縁ともいえる過去が明らかになりそして、木崎の持つ夢の延長線上に真奥という人物が欠かせない存在となっています。このエピソードは本編にもつながるのかちょっと気になるところ。
そして、このエピソードにはもう一人の人物が登場します。
「水島 由姫」アニメで登場した彼女が原作に逆輸入されています。流石に今回のエピソード程、顔を出す機会はないかもしれませんが二人共また登場してほしいですね。

もう一つは恵美と千穂が1巻のお話後のエピソードも収録。
魔王と勇者。二人の関係を知った上で尚、気持ちにブレを見せない姿や回転寿司で食事をするエメラダやアルバートの初めて食べるお寿司(ワサビ入り)の体験とか笑えてしまいます。

最後に収録されているのはエミリアが遊佐 恵美と名乗り、今のマンションに住むきっかけとなるエピソード。
真奥と芦屋が日本に降り立った頃に一人、日本に降り立ったエミリアの孤独が書かれています。
まだまだ、日本語が喋れない頃の遊佐。真奥に比べて非常に苦労していた感じがします。
・・・・・・まあ、真奥も栄養失調になっているからお互いに苦労していたことにはかわりないのでしょうが。

今回はちょっとした伏線の回収といった感じの短編集でした。
早く本編の続きも読みたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
359位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
80位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon