ファミコン、バレンタインそして、卒業の完結3巻「サボテンの娘」


あっという間の完結巻。

もっと、昭和にあった行事なんかが読めればと思いましたが、残念。
そんな完結巻ですが、優子と青木の恋バナがメインかなと思いましたが、友達との関係がメインの感じがしました。真由美、香織と保護者としてチカの同伴で名古屋へ映画、バック・トゥ・ザ・フューチャーを観に行きます。その後、名古屋の街を満喫する優子達ですが、そんな中、チカが好意を寄せているクラスメイトの山本君が登場しチカの態度が一変します。分かりやすいくらいの恋する乙女です。

今回はファミコンも登場。香織の家で青木達も読んでプレイすることになりますが自分が青木のことを好きと自覚しつつも真由美に譲ろうと積極的に二人をくっつけようと行動します。しかし、その行動と優子の想いを知っている香織の怒りを買い、大喧嘩に発展してしまいます。

その後、仲直りして3人でチョコを作りバレンタインに青木達、仲の良い男友達へプレゼントします。
青木へ女子達で流行っているというカード(自分のプロフィールやメッセージを書き綴った物)を青木にも書いてもらいます。ホンの少し二人の距離が縮んだように思えた瞬間。

そして、優子たちは卒業を迎えます。中学では別々の学校に通うことになる優子と青木ですが中学生になってホンの少し成長した二人が見えたように思えます。

ラストは恋愛よりも友情に力を入れて描かれていたように思えた3巻でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
78位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon