こんなとこだと言われたくない居場所「中卒労働者から始める高校生活」4巻


学生らしく通信制学校でも試験が始まる4巻。年長者の松井さんは60年ぶりの試験なんだからとんでもないブランクです。
そんな松井さんをパシリのように扱っていた男子、五十嵐くんとの関係が少しづつ変わっていきます。

そんな中で真実を探していた女子が現れます。「中島 あかり」既に大学に通っている彼女ですが真実に会うために彼の学校にやってきます。中学の同級生である彼女は真実に惚れているようですが既に彼女がいることを知ってしまいます。
・・・が、それも想定内と真実達に近づく訳ですが彼女はどうやら真実が触れられたくない部分・・・・・・父親のことを知っているようで、父親のことを口にしたことで真実の怒りを買います。

そして、試験が終わり次は文化祭が待っています。
その文化祭の準備に自分から積極的に参加しようとする真実。自分の中で学園生活が大事な居場所になっていることを知ることになり、今までと違う印象を表します。

そんな文化祭の準備中に再びあかりが登場。彼に前回の発言を謝罪します。素直に謝罪した彼女を許し、文化祭の準備を手伝います。そんな彼女はSNSにハマっている人物。SNSの中で沢山の人達に励ましのツイートに喜んでいます。このSNSは今後彼女の行動に関わるのか気になる所です。作品とは別にトゥイッターと呼ばれているアプリでツイートとトゥイートという言葉が出てくるのですがどっちが正しいのでしょうね?

ですがあかりが再び現れて真実に積極的に接することで嫌悪する人物が・・・莉央です。
自分が積極的に触れない嫉妬からなのでしょうかものすごい剣幕であかりの責め立てます。
文化祭が始まり盛り上がっていても莉央は孤独を感じています。そこへ遅れてやってきた真実ですが彼が掴んだ手を反射的に離してしまう莉央。ですが真実は・・・・・・

高卒労働者4-1
「我慢しろよ 彼女なんだから」

掴んだ手を離しません。
ここにきて初めてラブコメのような展開を見せてくれました。

そして、気になるのが真実の父親。今回遂に顔出しされますが・・・・・・真実と真彩のことを憶えていないようです。
彼が真実達の前に姿を現すのはまだ先なのかわかりませんが真実と真彩、父親の間には何かあるのは察しがつきますがそれも一筋縄ではいかなさそうな雰囲気を漂わせていました。

とはいえ、新たに一歩進んだ感じのする真実と莉央。ちゃんと最後のシーンは初めは嫌っていた学校を好きになっていたと思わせた4巻でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
446位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
102位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon