脳髄が○○○でいっぱい!??「温泉街のメデューサ」


以前、単行本発売前にも記事にした作品。結構発売が早いなぁと思いつつも電子版で購入。
正直な所、電子版で良かったと思いました。

というのも10話と1巻に収録されている話数としては少なくないですが、元々1話のページ数が少ないのでページが100ページ弱と単行本を実際に見たらすごいウッスいなぁと思ってしまった。紙だと540円ですが電子だと400円・・・・・・特にボリュームとか考えずに電子版の購入を決めていましたがボリュームも値段的にも電子版を購入してよかったかなと思ってます。

しかし、電子版は表紙以外、背表紙とかは収録されていないと思っていましたが・・・・・・

収録されていました(喜)
カバーを外した中身も収録、おまけ漫画が描かれていて電子版でも読むことができました。これは嬉しいです。

1巻では加賀地と不動の他に加賀地に恋する男子「菅 慎矢」も登場。皆がメデューサ症候群である加賀地を敬遠している中、彼女に惚れている菅くんはどうにか彼女にお近づきになろうとしますがそこに加賀地と普通に話す不動の存在のことが気に食わない様子でしたが同じ好きでも蛇が好きな不動と加賀地本人が好きな菅。同じ抱きしめたいの想像でも全く異なります。

不動の発言でいやらしい妄想で鼻血を吹き出す菅。
温泉街1-1

今時、鼻血ブーって(笑)と思っちゃいますが分かりやすいぐらい見た目と異なりピュア(?)な菅。とはいえ、加賀地が心ときめかせているのは蛇好きの不動。毎回、蛇のような扱いを受けているにも関わらず、彼の言葉にドキッとさせています。

単行本で読んで気づきましたが加賀地は不動の発言に対して、とにかく色んな表情を見せてくれます。
蛇知識も見せる1巻。2巻ではどのような展開が待っているのでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
384位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
87位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon