家族な5巻「お姉ちゃんが来た」


今回は朋也と義姉の一香と義母、夕子との距離が縮まったように感じる回が印象的。一香は元々、朋也大好きすぎるからわかりやすいですけど、朋也を息子として彼が大きくなるまで見守ると話しているところを偶然聞いてしまった朋也ですが、今回の話で朋也の家族としての距離がグッと縮まった感じがしますね。

しかし、花園は凄いです。朋也達と祭りの肝試しに行きますが藤咲の胸を揉みますがその感想をハッキリと言い切ります。「感触がなかった」・・・と。
姉が欲しいとか言いたい放題の彼ですが行動もなんでもアリになってきています。

そして、総一郎は朋也に自身の好きなアニメを布教させようとします。
何とか朋也のオタク化を阻止しようとする一香ですが男同士でゲームを楽しむというのが中学生の朋也には良かったようですね。ゲームで好感を得てそこから彼が好きなアニメを進めていく。染まったかどうかはわかりませんが、取り敢えずは布教に成功(?)したみたいです。イベントに誘われていましたが二人でイベントに行く話しなんて今後、あったりするのでしょうか?

最後に気になったのは肝試しでお化け役をやっていた一香・・・・・・が現れてびっくりした朋也と藤咲。
その場から逃げようと藤咲の手を掴んで走る朋也を追いかける一香(お化けの格好で)中々、シュールな絵でしたが、藤咲に対して男らしい姿を見せた朋也(本人も怖がっていたけど)ちょっと二人の距離が変わったような一面があったように思えました。

一香のブラコンだけでなく家族の話が良かった5巻でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
92位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon