ラノベ作家の兄と引きこもりの妹の2人きりの生活「エロマンガ先生 妹と開かずの間」

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)
(2013/12/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る

伏見先生の前作「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」完結後の新シリーズということで元旦にようやく購入。
1年の始まりの日になんつータイトルの本買ってるんだって自分で思ってしまいましたが・・・
実際に内容はそんなエロいものじゃありませんでしたけどね。

ただ、声に出して書店で予約はできないなと思いました。

で、肝心の本の中身ですが、面白かったです。
今回も兄妹物のラブコメのようですが、兄の正宗と妹の紗霧は血の繋がっていない兄妹です。
それぞれの親の連れ子ですが、二人きりで生活しているようです。

詳細は明かされていませんが、事故か何かですでに亡くなっているのかもしれません。
まあ、個人的な予想に過ぎませんが・・・
一応二人共未成年ということもあり、保護者がいるようですが、保護者は今回登場しません。
今後の話で登場するのかもしれませんね。

滅多に保護者が帰ってこないので正宗と紗霧二人きりの生活になっています。
しかし、兄妹二人仲良くというわけではなく、紗霧は自分の部屋に引きこもっています。

そして、正宗はそんな妹を部屋から出てもらえるよう、いろいろと奮闘しているようです。

正宗は高校生ですが、現役のラノベ作家らしく、物語ではラノベの制作の話がよく出てきます。
ラノベとか業界のことは全くわからないのどこまでが本当かはわかりませんが、その辺は「へ~」とか思いながら読んでいました。
でも正宗の速筆能力は異常ですね。
それだけは素人でもわかります。1ヶ月での生産ペースがとにかく凄まじいです。
あるライバルキャラ(本誌の登場人物紹介で名前を伏せてあったのでここでも伏せます)も
これには驚くいていましたね。

紗霧は家に引きこもりつつ、ラノベの挿絵を描いたり、ネットでイラストを描くところを動画配信したりといった活動をしています。
それをあることを経緯に正宗は知り、同時に彼女が自分の小説の挿絵を描いていてくれたエロマンガ先生であることを知ります。

話の序盤で発覚しましたが、そのあたりはちょっと俺妹に似ているなぁと感じました。
まあ、そこに至る過程が違っていますけど。

キャラクター的にはヒロインの紗霧は引きこもりだからか内気な面が作中に伺えます、ちょっとしたことで
暴力(タブレットの角とかで)振るいますが。

主人公正宗は結構初めのうちから変態っぷりを発揮します。
読めば読むほどなんかちょっとおかしな人に見えてくる、作家だから?

ラブコメなので当然、正宗にも好きな人はいます。
その子に思いを綴った300ページ程のラノベという名のラブレターを読ませることになりますが・・・
(紗霧が好きということがすぐにわかりますがこの巻でフラれて(?)しまいます・・・)←ネタバレなので文字隠しています。
常識的な思考もちゃんとあるんですが、それを踏まえても若干、変態っぽいんですね。

内容的には今後もラノベ制作を中心とした物語になっていって
学生なのに学校生活はさほどメインに描かれないのかなと思いました。
主人公学生でラブコメなのに学校の生活がそれほど描かれないっていうのはすごく珍しい気がします。

そういえば、先程あげたライバルキャラも紗霧同様に家に引きこもっています。
(出版社に足を運んでいたりしているようなので単なる不登校のようですが主人公に小卒?とまで言われてしまっています。)

これからまだ、新キャラも出てくるでしょうが、新キャラが引きこもり要因が増えていくのかどうなのか
気になりつつ2巻が出るのを楽しみにしたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
424位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
101位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon