一途に女として医療忍者として「NARUTO サクラ秘伝」

NARUTO ─ナルト─ サクラ秘伝 (JUMP j BOOKS)NARUTO ─ナルト─ サクラ秘伝 (JUMP j BOOKS)
(2015/04/03)
岸本 斉史、大崎 知仁 他

商品詳細を見る

NARUTO秘伝3弾。

今回の主役はサクラ。
映画THE LAST後のお話ということでサクラとヒナタが付き合い始めていますが、さらに結婚式を控えているようです。
付き合い始めてから1年も立っていないというのにかなりのスピード結婚みたいです。
映画のエンディングで二人の結婚式が描かれていましたがそんなに先の話ではなかったんですね。
もう数年先のエピソードかと勝手に思っていました。

さらにチョウジとカルイが付き合っているような話やシカマルとテマリが付き合っていたり、いのがサイに想いを寄せていたりと前半がそんなエピソードだったので今回は恋愛小説なのかなと思っていましたが、そんなことはありませんでした。

忍界大戦後、心に深い傷を負った子供たちのために子供診療室を新設したサクラ。
大戦後も医療忍者として活躍しています。しかし、サスケは里に戻ってきていないようでサスケが帰ってくるのを待ち続けるサクラ。各々の恋を実らせていく状況に知らずと焦りを覚えるサクラ。少しでもそんな感情を持たないよう仕事に打ち明けますが・・・

そんな中、砂隠れの里から声がかかり、いのと共に向かうサクラ。
我愛羅からサスケがテロリストと接触し木の葉崩しを企んでいることを知ります。

が、今のサスケがそんなことをするわけがないと否定するサクラ。我愛羅たちも違うと考えている中、チャクラがサスケのものであったため内密に調査を進めていることをサクラに伝える我愛羅。

似た様なタイミングでカカシから、ある調査の依頼を受けるサイ。

そして、それは一つの事件へと結びつきサクラ、サイ、いのの3人で調査を進めていくことになります。
今回はサクラが主役だから当然、サクラは活躍しますがサイといのも活躍。いののサイに対する恋心は前回のシカマル秘伝から結びついているなと思えました。
ナルトはナルトでサスケに対する信頼があっけらかんとした言葉の中から感じ取れる。

サクラのサスケに対する想いが終始書かれていた本作。どういった経緯で二人が結ばれたのかは今回の話ではわかりませんでしたが、それでもサクラがひたすら待ち続けていたのだろうなというのだけはよくわかります。

さらに今回はシカマル秘伝に結びつくキャラが登場したりと読み続けている人のためのファンサービスのような話もあって楽しめました。

次回は木ノ葉秘伝。
どんなエピソードが書かれるのか楽しみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
366位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
93位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon