逃避行の果てに待ち受けるのは・・・「私を連れて逃げて、お願い。」

私を連れて逃げて、お願い。1 (ビームコミックス)私を連れて逃げて、お願い。1 (ビームコミックス)
(2015/01/24)
松田 洋子

商品詳細を見る

過保護な祖父母に育てられブクブクと太らされた「福田 日芽(ヒメ)」箱入り娘のためか少々世間知らずなところがある彼女がある日であった白馬の王子様(本人曰く)「加藤 央治(オウジ)」に一目ぼれします。そして、出会った数日後に二人で逃避行することになります。

日芽は祖父母に強要された生活を抜け出すためですが央治は・・・・・・

人を殺してしまい、逃亡することになります。彼が所属する劇団のシスター(外見だけ)。元女優みたいですが央治が誰よりも信じてやまない存在のようです。日芽もそれなりに裕福ではあっても窮屈な生活を強いられていたように見えましたが央治はテレビだけが自分の世界で幼い頃からテレビ番組が大好き。イケメンなのにそれ以外がからきしダメ。芸能人デビューを目指しますが外見以外はてんでダメな央治、テレビに出演なんて出来るわけもなく・・・そこで悩んでいたところ出会ったのが劇団のシスター。
劇団で活動をしてテレビ出演を目指す央治ですが実はこのシスターがめちゃくちゃ非道い人間。
お金欲しさに彼を同伴させ老夫婦の家に強盗に押しかけて、その老夫婦を殺害します。それに恐怖した央治は逃げ出してしまいますが防犯カメラに後ろ姿が見事に撮られており、シスターから現金と車を渡され、日芽と逃避行することになります。

白馬の王子様と出会うことを夢見た日芽。当然、相手は外見がイケメンなだけで実際は白馬の王子様どころか、いつ指名手配で顔が全国にさらされるかわからない男。

そんな央治の事情は何も知らない日芽。この逃避行のゴールがどのような結末になるのか気になる所です。
なんかドラマ化したら観てみたいと思ってしまった作品でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
447位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
104位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon