読書好きの少年がゲームの世界に入り込む「僕と彼女のゲーム戦争」

僕と彼女のゲーム戦争 (電撃文庫)僕と彼女のゲーム戦争 (電撃文庫)
(2011/06/10)
師走 トオル

商品詳細を見る

突然、共学になりたての元女子高に転校する読書好きの少年「岸嶺 健吾」が現代遊戯部に入部し今まで興味を持っていなかったゲームの世界に入り込んでいきます。

まあ、入部するまでの経緯も実は色々とあるのですがこの作品を読んでいて印象的だったのは作中に出てくる
ゲーム機やゲームソフトの名前でした。関連するサイトも含めて全て実名で登場します。

アンチャーテッドやスペランカー等のゲームソフトやファミコン、PSP、Xboxといったゲーム機が実名で挙げられます。
最新機のゲームからレトロゲームまで作品として取り扱うのが一ゲーム好きとしては楽しいです。

とはいえ作品の面白さを感じたのは主人公である岸嶺のちょっと変わった特技です。
それは、集中するとその世界に入り込む。読書中に頻繁に起きていたことをゲームの中でも行い、
読者にも岸嶺が、ゲームの世界に入り込んでいるというのが伝わります。

1巻でのスペランカーの件はホント、スゴイです。
よく、あそこまで風呂敷を広げて物語を描けるなと思ってしまうほどです。
正直、スペランカーを題材に一本話を書いてくれないかなと思いました。

知らなくても主人公の特技や作中での説明で読者にもわかるようにしているのでゲームを普段しない人でも
入り込めるように考えられていると思います。

そういう、意味では岸嶺も現代遊戯部に入部するまでゲームを全く知らない人間だったのでゲームを知らない読者には
共感しやすいところもあるのかもしれませんね。
(例えるなら、ルールも知らないスポーツに入部する少年漫画の主人公みたいな感じですかね)

今後の展開もですが、どんなゲームが紹介されるのかも楽しみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
312位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
67位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon