FC2ブログ

体験版感想 その2 「シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール」

シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコールシアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール
()
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

2日連続で音ゲー体験版の感想を・・・

シアトリズム ファイナルファンタジーシアトリズム ファイナルファンタジー
(2012/02/16)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

↑去年発売されたシリーズの新作。
登場するキャラクターが増えたり曲数も増えるそうです。
公式サイトには収録曲数200曲以上ということですからDLCなしでこのボリュームだというのならとてつもない曲数です。収録曲数だからDLC含みじゃないですよね?スクエニさん!?

しかも前作は収録曲やキャラクターは主にナンバリングのタイトルに絞られていましたが
今作には零式やUSA等のナンバリング以外のタイトルからも登場するようです。

前作もシンプルな操作でかなり楽しんでプレイしました。簡単な難易度でレベルをあげたり、パーティ編成やアビリティ等を自分に向いたスタイルでプレイすれば究極の譜面でもどうにかクリアできるよう結構、楽しめるようになっていました。
なので新作発表の際も結構楽しみにしている作品ですが、

新作シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール(以下、カーテンコール)体験版には流石にアビリティの設定やレベル上げをすることは
できませんが、基本的な操作を楽しむことができます。

その基本的操作で一番の変化はボタン対応になったことだと思います。
前作は画面にタッチしていかなければいけませんが、ボタン操作でメニューも選べます。

もちろんリズムゲームの方もボタン操作できます。
同じ両方でプレイできるスタイルで初音ミクproject mirai2がありますがあちらはどちらのスタイルでプレイするか
選択するのに対してこちらのカーテンコールでは特に選ぶ必要がなく
ゲームを開始する際に自分のやりたい方で勝手に始められます。
その気になればプレイ中にスタイルを変えることも可能です。
なにせボタンを押すかタッチスクリーンをタッチするかだけなのでボタン操作でも
やり方はシンプルでした。

操作方法も前作と変わらずタイミングよくタッチするか矢印方向にスライドするかタッチし続けるかというので
ボタン操作ではタッチがA/B/X/Y/L/Rのいずれかのボタンを押す、スライドが左上のスライドパッドを矢印方向に動かすというようなシンプルなもので実際にやってみても手軽に楽しめました。

ただ操作による難易度は変わってくると思います。
究極の譜面でプレイするとそれがはっきりと現れて、ボタン操作の方が圧倒的に難しいです。
とくに連続でスライドを行う操作。
連続で上下左右の操作を素早くするとか想像以上に難しく感じました。
まあ、それもアビリティをうまく使いこなしたりすればある程度はやりやすくなるとは思いますが、

とはいえボタン操作の難しさを差し引いても発売が楽しみになる作品です。

後日になりますがせっかく音ゲーの体験版の感想を連続で記事にしましたので
「初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- F 2nd」の体験版の感想も書こうと思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

現在の読者数

現在の閲覧者数:
ページ数
プロフィール

三日酔い

Author:三日酔い
漫画やラノベ、映画の感想やゲームのプレイ感想とか動画をのんびりと載せていきます
漫画に関しては最近、電子書籍での購入が増えています。

クリックお願いします

FC2Blog Ranking

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
396位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
93位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon