青春に萌えた(?)4巻「私がモテてどうすんだ」

私がモテてどうすんだ(4) (講談社コミックス別冊フレンド)私がモテてどうすんだ(4) (講談社コミックス別冊フレンド)
(2014/09/12)
ぢゅん子

商品詳細を見る

3巻ラストで五十嵐が芹沼に対して本気になって終了していましたが今回は七島と四ノ宮がメインになっていました。

球技大会でサッカーをやることになった七島。
自分がやっている部活と同じ種目はNGのため五十嵐は参加する予定がありませんでしたが優勝するとサッカー部選抜と試合をすることになるようで初めは出る予定がなかった五十嵐、ですが大会前日に先輩命令により出場することになった五十嵐。それを聞いた七島は球技大会を無断で欠席します。中学で五十嵐同様サッカー部に所属していた七島。しかし、時間が経つにつれ実力に差がついていくことを実感していく七島。結果が見えているために出場を拒否してしまったようでこういうのってある時期までは本気でサッカーが好きだったんだけど実力が拮抗していた相手に対して差が出始めたのがサッカーをヤメた原因のようです。

そんな五十嵐と七島の中学サッカー部時代のエピソードが少し語られますが、その時の芹沼の反応は凄いです。
初音ミク08
話を聞いて涙を流す芹沼。

しかしその実態は・・・・・・








初音ミク09
やばいやばい 萌えすぎて 涙でてきた

萌え泣きとか相変わらず面白い顔を見せてくれます。

そして家にいる五十嵐を迎えに行く芹沼。
サッカーをヤメた理由、本音を聞いて「かっこわるっ!!」で一蹴。
やってみなければわからないと自身が出場するソフトボールで証明しようとします。

初音ミク10
試合相手は二科のクラス。ピッチャーは二科。彼女が投げたボールに対して













初音ミク11
思い切りデッドボール。

ボールはカスリもしていません(笑)

ですがその姿を見た七島は試合で出ます。七島がいなくても優勝はしていたんですね・・・・・・
結果的には大敗したようですが芹沼への恋の対決には負けまいと決意する七島。ちょっと男臭い感じのエピソードでした。

一方で四ノ宮は夏休みにいつものメンバーで二科の別荘に遊びに行きますが筋肉もないひょろひょろの四ノ宮はあまり乗り気ではなく、それどころか先輩達のスペックの高さにどんどん落ち込んでいく始末。

カッコいいところを見せようとしますが・・・・・・

初音ミク12
はァーーーーーーっ!!」
た・・・立ったーーーーーー!!クララが立ったーーーーー!!

もうポーズがこの上なくカッコ悪いです(笑)
挙句、クララがって・・・・・・
しかもこんな無茶した結果・・・

初音ミク13
!?

初音ミク14
鼻血ブーーー!

以前にもやっていますが芹沼の胸に突っ込んでしまいます。
今回で2度目ですね、メンバーで唯一ラッキースケベ要因になっている気が・・・

その後もヘタレっぷりを見せてしまい泣きながら帰ると言って森に走っていく四ノ宮。
心配になり皆で探すわけですが


HNI_0098.jpg
こんな姿で見つけたものだから芹沼さん

HNI_0099.jpg
触手×美少年
こっちも鼻血ブーーーです(笑)

最後にはきっちり男らしい姿を見せた四ノ宮。
彼も五十嵐同様に芹沼により本気になったと思えるラストでした。

3巻後半から各主要人物にスポットを当てた話が展開されているので
5巻では先輩である六見のエピソードになるのかな?

あるとしたらどんな話になるのか楽しみですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
97位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon