懐かしき90年代格ゲーブーム「ハイスコアガール」

ハイスコアガール(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)ハイスコアガール(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)
(2012/02/25)
押切 蓮介

商品詳細を見る

格ゲー好きのごく普通の家庭で育った主人公、矢口 春雄とお嬢様でありながら初見の格ゲーでもとんでもない実力を発揮する大野 晶とのゲーセンや格ゲーを通じて二人やその友人たちの心情を描いていくラブコメですが、

正直、当時のストⅡやバーチャファイター等の格ゲー話が何よりも見ていて盛り上がってしまうそんな作品。
自分が友人たちと盛り上がってプレイしていたゲームがこんな形で描かれるとはと思う反面、待ちガイルとか
ザンギエフの使いづらさとか当時の自分が思い出して「あ~、あったなぁ」なんて思ってしまうシーンも多々あります。

今以上に格ゲーが出ていた時代だからか、餓狼伝説や、侍スピリッツ等もなにげに紹介されています。
この90年代に格ゲーを楽しんだ人たちには思わず共感させてしまう箇所も多いと思います。

などとゲームの事を思わず言いたくなってしまう作品ですが、
ちゃんとゲームを通して恋愛要素も入っています。

主人公がゲーム好きだからか自分に好意を持ってくれている日高 小春にもゲームを勧めたりしています。
彼が語るのはまず何よりもゲームからなのです。

そうして日高も格ゲーの世界に入り込んでいき初心者であった彼女も今では矢口にとってはライバルと
言える存在なのでしょう。

矢口の進学するに連れて、大野との出会いも少しづつ減ってきています。
それでも矢口は彼女と同じ土俵(格ゲー限定)に立てるよう人間的に成長しようとしたり、
格ゲーの訓練を行ったりと、思春期のちょっと変わった成長が描かれていっています。

この先彼らが、どのような成長をしてどういう間柄になっていくのか。
ただ、ゲームを通して「好きだ」というような展開に感じさせないのがこの作品を読んでいて
楽しめる要素だと思えます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
400位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
88位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon