望まぬ自殺に奇跡は起きるのか?「モーテ ―水葬の少女―」

モーテ ―水葬の少女― (MF文庫J)モーテ ―水葬の少女― (MF文庫J)
(2014/08/22)
縹けいか

商品詳細を見る

数万人に一人に襲われる奇病「モーテ」この病気にかかった人間は十代のうちに自殺をします。本人の意思とは関係なく自殺してしまい、さらにはモーテの子を生んだ母親は2度と子供を産めなくなってしまう。

とはいえ、モーテの病気自体は物語の重要なワードにはなっていますが購入時の帯はない方がよかったかなと思いました。私はあまり帯を気にしていなかったのでちゃんと読んでいなかったのですが読み終えてからあの帯を見ると、「あっ」と思ってしまいました。

カラーページの人物紹介、良い意味で騙されました。

過去の回想がとにかく長い話ですが読み進めていくと「あれ?主人公違うような・・・」と思ってきます。
ラストはご都合主義よろしく的な終わり方だったような感じですが、個人的には嫌いじゃありません。

作者の縹先生のあとがきを読むと、主人公が作者に自己投影されているように思えました。
まあ、元々女性に捧げる作品だったということなのであとがきを読んでからもう一度読み直すと別の感想が生まれてくるのではと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
446位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
102位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon