手嶋VS古賀 決着!!合宿も終了の34巻「弱虫ペダル」

弱虫ペダル 34 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 34 (少年チャンピオン・コミックス)
(2014/06/06)
渡辺 航

商品詳細を見る

体力バカの古賀と頭脳戦が得意な手嶋の対決もついに決着しました。
今まで自ら勝利を手にしたことがない凡人・手嶋があえて得意な戦術を使わず最後は真っ向から勝負を挑んでいく姿は総北らしい熱いところを見せてくれました。ようやく正式にインターハイのメンバーが決まり合宿の1000kmも今回は手嶋、青八木と古賀も達成。3年目にしてようやく達成。3年目と思うと1年から1000km走破している今泉、鳴子、坂道の凄さも伺えます。しかも鳴子に関しては御堂筋との対決で新たな目標をたてて進んでいます。その成果がインターハイではどのような形になって現れるのか早く見てみたいです。
坂道も昨年のようなトラブルもなく大幅にタイムを縮めての1000km達成。それでもまだまだ自身の力不足を痛感する坂道。合宿中に受けた古賀のアドバイスがインターハイでは形になるのでしょうか?

そして1年唯一のインターハイメンバー鏑木、彼はスプリンターであることが発覚。本人はまだ自覚がありませんがこれでクライマー、スプリンター、オールラウンダーが各2名ずつと昨年と同じ形になりました。そんな合宿中にやってきた京伏の御堂筋と京伏1年「岸神」が偵察に来ます。
しかし入口にいたおっちゃん。練習は見せないでと頼まれているのにせっかく遠くから来たんだからとそのまま通してしまいます。いや、ダメでしょ!!おっちゃん!一見、お人好しな対応に見えますが、頼まれた通りの仕事を見事にしていません。長く合宿してきているのになめられている!?

そして遂に坂道にとっての2回目のインターハイが始まります。今回は昨年よりも早くインターハイが始まりました。
今年も箱根学園との熱いバトルが期待できそうです。

今年は古賀もサポートに周り、杉本もサポートに徹します。しかし杉本は昨年とは気合も違いますね。1年生レースでの熱い思いは変わらずって感じがしました。35巻からいよいよインターハイが本格スタート、総北はどんな活躍をするのでしょうか?




















名称未設定 1
そして、↑のおっちゃんは来年も合宿所にいるのでしょうjか(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
312位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
67位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon