人間の頭脳をインストールされたコンピュータの試写会「トランセンデンス」

試写会で観てきた、トランセンデンスのレビューを書きましたので↓に載せます。
トランセンデンス (2014)

【監督】ウォーリー・フィスター
【出演】ジョニー・デップ / モーガン・フリーマン / レベッカ・ホール / ポール・ベタニー / キリアン・マーフィー / ケイト・マーラ


★★★★ [80点]「未知=悪?」

試写会で観ました。

なんというか未知なるものに全て恐怖を感じ、結果的にそれは人類に対して悪だと断定したような行動と判断はちょっとすごいなと感じつつ、中々に恐ろしいことだとも感じさせられました。

それでも人工知能がタイトル通りの超常現象を起こしていれば驚異に感じるかなともやはり思ってしまいますが・・・

その中でそんな人工知能をどうにかしようとテロリストが色々と動いていましたが彼らの結末がわからなかったのは作中の不満点でした、あれだけ好き勝手やって人を殺したり拉致したのにお咎めなしってことはないと思いたいですけど、本編にあまり関係ないという判断だったのかな?

正直、気になります。

最後はSF色よりも別のジャンルの方が印象強く残りましたが作中で人工知能となった男の結末は嫌いな終わり方ではありませんでした。


Posted by furiruwark on 2014/06/22 with ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
84位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon