はたらきたくない魔王さま!?の11巻「はたらく魔王さま!」

はたらく魔王さま! (11) (電撃文庫)はたらく魔王さま! (11) (電撃文庫)
(2014/05/10)
和ヶ原聡司

商品詳細を見る

ようやくエンテ・イスラ編が終わって笹塚に返ってきた真奥と遊佐。ですが10巻ラストで失業してしまった遊佐。今回は初めから遊佐が目立っていました。真奥から救出にかかった経費、35万円を請求され支払いに応じます。実のところ真奥は遊佐にそれを支払わないと踏んでいたようですが見事に失敗しています。

遊佐にとってはその支払いも含め自分なりのけじめと新しい一歩を踏むために必要なことであったためと言いますが遊佐は新しいバイトへ面接に行くことになります。

そして、病院に入院していた漆原ですが、芦屋が笹塚に戻ってきて最初に恐れたことそれは、漆原が病院にパソコンを持っていったこと。通販による財布の打撃が危惧しているのです(笑)
そんな芦屋と真奥はエンテ・イスラで十分な魔力を得た二人は魔力を押し入れに封印します。魔力って押し入れにしまえるんですね(笑)しかし、魔力や聖法気・・・コレがエンテ・イスラそのものに対して大きな問題を抱えていることになるとは思いませんでした。

それはさておき、今回は真奥さんカッコがつきません。遊佐に救出費用35万円の請求を利用して真奥のバイト先、マグロナルド幡ヶ谷駅前店のバイトの面接をさせようと企てるも支払いに応じられ失敗し、そのことで千穂に怒られ、木崎に千穂が怒っていたことについて釘を刺され、そして、遊佐は本人に意思でマグロナルド幡ヶ谷駅前店へ面接を受け合格します。事実上、真奥の後輩になった遊佐。やることなすこと全て裏目に出ている感じです(笑)

しかも真奥が遊佐の教育をしなければいけない可能性が高いため遂には仕事に行きたくないと言ってしまう始末。
しかも遊佐、仕事も優秀であらゆることをあっさりとこなしていきます。サボるのに魔力を使おうとして久しぶりに芦屋に怒られています(笑)

そんな日常で遊佐がエンテ・イスラに帰還する前に約束した遊佐と千穂の誕生日パーティを今回果たすことになります。よく考えたら漆原、病院にいるため参加できず。本人の意思は別として漆原って結構ハブられている気が・・・。

環境が変わっていきつつも新しい日常に馴染んて行こうとしているように感じる話でしたが、新しい展開もやはり出てきます。

志波からの話でエンテ・イスラが滅びの道を歩んでいることを告げられてます。問題はアラス・ラムスやアシエスといったエンテ・イスラにいたセフィロトが地球にいること、そして聖法気や魔力が健在していることが問題らしいというところである人物が真奥達の前に現れます。

遊佐にボコボコにされてしまい遊佐の父ノルドの時は感動の再開でしたが今回は殺しかねないほど怒りに満ちた再開。
真奥とも面識のある人物・・・遊佐の母ライラでした。新しい展開、12巻はエンテ・イスラの危機に対する謎が少しは紐解かれるのか気になる終わり方でした。

その他にノルドとライラの馴れ初めとか魔界の所在やオルバが何故遊佐を裏切ったのか等が判明する巻でした。
結局真奥は今回も免許取れていないけど、取得する日が来るのでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
446位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
102位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon