FC2ブログ

過去から今の7巻「ホムンクルス」

ホムンクルス 7 (BIG SPIRITS COMICS)ホムンクルス 7 (BIG SPIRITS COMICS)
(2006/11/30)
山本 英夫

商品詳細を見る

この7巻で名越の過去が少しだけ明かされます。
ホームレスになる前の彼は外見も今とは全く違う感じがします。当時の心情が外見に出ている感じです。ですが、根本的なところでは変わっていない感じ。やはりちょっと変わった性癖を当時から持っています。
ですが当時は右目を瞑っても何も変化なんかしなかっただろうに人の表情や仕草をよく観察しています。やり方が変わっても彼の観察眼はホームレスになる前からあったのですね。

とはいえ人の表情の見方は今と違い言葉巧みに操り相手の本音を顔に出させているといった感じです。
仕事とはいえいろんな企業を潰してきた名越、数字だけで見えないお金を動かしてきた彼にとってそれ自体はさほど大したことではなかったようです。潰れた企業の人間がどうなっても知ったことではないとハッキリと行ってしまうのですから。

ですが、彼にとってその考えを変えてしまう出来事が起きます。空港へ向かうために乗ったタクシーで自分の仕事の話をしたことがきっかけ。たまたま乗ったタクシーの運転手が自分が潰した企業の元社員だったのです。今までなんとも思っていなかったことでも目の前で現状を見せつけられてしまった名越はいたたまれなくなったためか、その表情は苦痛に満ちているようです。
空港に到着した際、1万円札を渡し、お釣りはいらないという言葉に振り返る運転手を見れない彼の表情にもどことなく口の左側が上に傾いているように見えます。名越が嘘をつくときのクセですが、この後告げられた感謝の言葉に対する自身への否定のようにも思えました。

現在に戻り彼はそのタクシーの運転手だった男が今いる公園のテントに住んでいたことを知ります。最初は確信があったわけではないのでしょうがテントの中で彼が写っていた写真を見て確信してしまいます。

そして名越はホムンクルスにさらに没頭していきます。街中で左目だけで人を覗き込みどんな姿でどんな状態を表しているのかを独自に解釈し研究していきます。
ですが、記号の塊りだった女子高生ユカリとの一件依頼、連絡が取れていなかった伊藤と会うことになり、伊藤からホムンクルスの研究の終了を告げられます。
ですが名越が組長とユカリと関わって自分の体の一部がロボットの腕と記号の塊りとなった足に見えることを告げたときの伊藤の表情はとてもホムンクルスの研究終了といった人間とは思えない程、嬉しそうな表情を見せます。

最後に伊藤に頭蓋骨に開けた穴を塞ぐように依頼する名越。8巻からは伊藤のホムンクルスと関わっていくことになります。

今日の感想はここまで。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

現在の読者数

現在の閲覧者数:
ページ数
プロフィール

三日酔い

Author:三日酔い
漫画やラノベ、映画の感想やゲームのプレイ感想とか動画をのんびりと載せていきます
漫画に関しては最近、電子書籍での購入が増えています。

クリックお願いします

FC2Blog Ranking

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
389位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
90位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon