魔王さまを楽しみにしてやっと出たミラクルジャンプ

ミラクルジャンプ No.16 2014年 5/30号 [雑誌]ミラクルジャンプ No.16 2014年 5/30号 [雑誌]
(2014/04/15)
不明

商品詳細を見る

魔王さまちょっとそれとって!!の連載再開が読みたくて購入しました。
月刊化しての復刊第1号。漫画の新連載が5本、月刊化前からの連載が3本、読み切りが6本(出張版含む)で青年誌はあまり購入しないのですが読み切りが多い印象でした、来月からまた2本新連載が始まるのでしばらくは新連載ラッシュになるのかなという印象でした。

新連載の中で特に「もののがたり」というオニグンソウ先生の作品が面白かったです。
付喪神となった稀人という存在を導く塞眼(さえのめ)という存在が稀人を導くといった感じでしたが主人公の「岐 兵馬」は本来、塞眼が付喪神に行うべき対話を一切無視して力づくて封印してしまう問題児。それも過去に付喪神に姉と兄を殺された事が原因。付喪神に特別な恨みがある兵馬。
そのおじいさんで同じく塞眼である「岐 造兵」から付喪神と共棲している人間の元へ居候として生活することになります。いきなり付喪神へぶっ飛ばされる兵馬。そんな場面からであった同居人となる「長月 ぼたん」兵馬と付喪神達といきなり隔たりができたような感じでした。

次は「大木先生と小鮫さん」新任の教師「大木ヒロト」理想と現実と違った教師生活を送ることになった大木先生が女子高生の「小鮫 リサ」とある事故のせいで体が入れ替わってしまう入れ替わり系のラブコメ。結構昔にも入れ替わりのラブコメってあった気がしますけど、今それをやるとなんか新鮮な気がしました。

そして、最後に「D'z(ディーズ)」勢いだけでとんでも発言をしてしまう女子高生「時坂 はるな」は親友を守るためにノーパンで秋葉原から街を歩くことになりますがそこで出会った未来から来たという猫型アンドロイドから不思議な道具を渡されますが突然、命の危機にさらされます。なんとかその状況を打破しますが猫型アンドロイドから未来に甚大な被害を及ぼす可能性がある13名を予定犯罪者「D'z」と呼びD'z同士で殺し合いをさせ、最後の一人になるまで戦わせるバトルロイヤルっぽい感じです。
でもよくよく読むとなんというかドラえもんを過激にした作品って感じがしました。出てくる道具も22世紀のテクノロジーでできた道具らしいですからいまったく意識していないってことはないでしょうね。

以上、特に面白いと感じた新連載でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
400位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
88位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon