初恋はメロンの香りの完結2巻「少女Aの悲劇」


マンガボックスで毎回楽しみにしていたのですがあっという間に最終巻。

もっと読みたかったなぁと惜しみつつ最後まで林くんはブレません。

結真のフィギュアを直すためにアキバへ向かう電車の中で痴漢にされてしまう林くんですが痴漢と疑われても彼は全く動じず、それどころか状況から本当の犯人まで見つけ出します。

そしてようやく着いたお店で横暴な歩き方をしている林くんにキレた店長(老人)が林くんを殴りますが林くんは負けじと殴り返します。

当然、そんな状況でフィギュアを直してくれるはずもなく、それでも頼み込んだ結真とそれを眺める林くんが客を100人呼び込むことで修理することを約束します。

そんな中、中学時代の同級生に再会する林くんですが冗談で言っていたと思っていた中学以前の記憶がない・・・結真はまさかの事実に動揺してしまいます。

接客中に昼食でメイド喫茶によってオムライスを食しますがメイド喫茶のメイド喫茶によくあるという「美味しくなぁれ」を完全否定する林くん。そして、見事に論破しちゃうのですが流石に私もそれでオムライスが美味しくなるとは思っていません・・・・・・まあ、そもそもメイド喫茶に行ったことありませんが(笑)

そして、一度お店に戻る林くんですが先に戻っていたはずの結真が戻っておらず、実はメイド服を着た人間だけを狙った殺人鬼がいることをお店の「ゲンさん」から告げられたのですが同伴していた上野は結真を探しに秋葉原を駆け回りますが林くんは一切ブレずに単語帳を眺めています。

林くんを殴っていたゲンさんも流石にその姿には唖然としています(笑)

そんな殺人鬼も撃退してしまう林くんですが、そんなイベントのあと、上野から告白を受けていた結真。
しかし、彼の告白を断ったあとにはいつもどおりに接したい結真とは逆に距離を開けてしまう上野。

良し悪しに関係なく人に好かれる結真。
それは彼女の異星人ゆえの特性でもありました。

16歳を迎えると恋愛経験者には効果のないが恋愛から遠い人ほど効果があるフェロモンを発していることを姉から告げられます。
そんなことも知らずに過ごしていた結真でしたが一つ、疑問が生じます。

林くんです。

どう見ても恋愛から遠そうな彼にはどう見てもフェロモンが効いていません。

やがて自身のフェロモンに疑問を持ち、母星に帰還することを決めた結真。
そこで初顔出しの姉ですが、そこで改めて教えられる宇宙人とバレた時の選択肢とフェロモンの特性。

実は受験の鬼かと思いきやしっかりと青春していた林くん。

そして、いつもと変わらぬ日常へと戻っていく結真ですが、結局彼女の悲劇が続くという結末。
それでいいの結真さん?って感じです(笑)

とはいえ、その後の物語も読みたかったのは変わりません。

林くんの秘密は宇宙人絡みの完結2巻でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
439位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
102位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon