ゴルフに興味は無い・・・でも、正確無比なボールコントロール「ロボレーザービーム」


黒子のバスケの作者、藤巻先生の新連載。

以前、読み切りでファンタジーものを描いていたので、そっち方面で次回作は描くのかなと思っていたのですが開始したのはスポーツ漫画・・・で、今度はゴルフ漫画です。

ジャンプでゴルフ漫画ってかなり久しぶりな気がしますが、今作の主人公「鳩原 呂羽人」こと通称ロボ。

前作と打って変わって今回の主人公はスポーツのような勝負事に興味や関心がありません。
友人の「中田 トモヤ」からゴルフ部へ誘われますが興味がないので当然、断ります。

二人が話しているところに現れたゴルフ部キャプテンの「柊 慎太郎」にも初心者でも歓迎と言われますが即答で断ります(笑)

そんなロボですがゴルフのルールは全く知りませんが、実はとてつもないコントロールを持った人物。

狙った方向へなんの迷いもなく打つことができるロボ。

そのコントロールはロボがボールを打つところを偶然、見てしまった柊も初心者だと聞いたことが嘘ではないかと疑うほど。

そして、ロボの存在を知らず中学からゴルフを始めテレビとかで話題となっている学生「三浦 鷹山」がロボのショットの音で彼と勝負したいがためにロボを探します、音で実力を判断するって絶対音感の持ち主なのでしょうか?

探し続けてようやく、ロボにたどり着いた鷹山はロボに勝負を挑みます。

勝負を終えてロボをライバルとして見る鷹山。

勝負事に関心がなかったはずのロボも鷹山と再び対決するためにゴルフ部へ入部。

抜群のコントロールは持っているがゴルフに対する知識やスイング以外の技術はまったくないロボがどんなゴルフプレイヤーとして成長していくのか楽しみな作品です。

それにしても今作でも主人公は地味に描いているなぁという気がします。
鷹山の方がスイングの後とか特徴的で主人公っぽいです(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
104位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon