おうちデートの9巻「エロマンガ先生」


アニメで登場するかなと思っていた京香さんは登場しませんでしたが今回は結構、重要なポジションにいたりします。

8巻ラストで付き合い始めたマサムネと紗霧。

エルフもムラマサもマサムネからそのことを告げられますが、あまり気にしていない様子。
まだまだ、勝負はこれから!・・・ということでしょうか。

とはいえ、智恵なんかは動揺しまくり・・・そして、それをよく思わない人間が二人ほど、いたりします。

1人は担当編集のあやめ。
彼女の場合はマサムネが恋愛することで作品に悪い影響が出ないか気にしているようです。
見方を変えればでなければ気にしないということなのでしょうが・・・あやめの言うとおりが今後、二人の恋愛が仕事に影響が出てきてしまうのでしょうか?そして、そうなってしまった時の周囲がどう捉えるのかも気になるところ・・・まあ、起きたらの話ですが。

そうそう、あやめと言えば、彼女に好意を持っている国光が遂に新刊を発売!
おめでたいことですが、彼の作品の登場人物が大きく変わって、突然ロリラノベという作風に変わったようです。
っていうかそんなジャンル初めて聞いたよとか思いつつ、ロリを熱く語る国光。
ちょっと危ない道を歩みだしています。

とはいえ、作風とはあっているらしいので今回の国光の新作が今後、彼にどのような影響を与えるのか気になるのですが、それ以上に彼があやめに抱いていた恋心はどうなったのでしょうか?こっちの方が気になります(笑)

ちょっと話がそれましたがマサムネと紗霧の二人が付き合うことを反対する人物は京香です。

最初は義理とは言え兄妹が付き合うということを反対しているのかと思ったのですがそうではないようで、虎鉄と紗霧の母親を殺してしまったと告白。

実際のところは本当に殺したのではなく二人に旅行を勧め、その結果、二人が死んでしまった・・・という話。

なんてことはない、結構突き詰めたりしたらありそうなことではあるのですが、二人が好きだったからこそマサムネと紗霧に申し訳ないという気持ちと、二人の恋愛を認めてしまうと二人が自分のせいで不幸に陥ってしまうと思っていたようです。

ひと騒動あったみたいですがそれでも、付き合うことをやめないマサムネと紗霧。

二人はさらに一歩前進します。
婚約を結んだ二人はどうなるのでしょうか?
物語的には完結に近づいているのかなと感じますが、そろそろ作中のアニメの話も進展して欲しいかなとおもっちゃう9巻でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
424位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
101位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon