まごころを、君に「木根さんの1人でキネマ」


3巻ではちょっと特殊な回があります。

エヴァンゲリオンですが、エヴァ自体は有名タイトルですが、今回はアニメ映画を侮辱した木根さんはアニオタである友人からエヴァ(TVシリーズ)のDVDを貸されて佐藤さんと一緒に家で視聴。

エヴァを視聴した二人はどっぷりとハマっていきます。

そして・・・







































木根さん3-1
使徒へと変貌します(笑)

いや、もしかしたら初号機かもしれませんけど、とにかく怒りに満ちているのだけはわかります(笑)

そして、劇場版のDVDを借りていきますが・・・・・・







































木根さん3-2
なんか総集編と新しいとこ20分くらいで終わってねーーーーーーーーーーーーーー!!

さらに激怒(笑)

私も当時、友人に誘われて劇場で見ましたが「・・・へ?」って思いました。
結局続編もまた総集編やるんじゃねえのかという不信感で観に行く気にならなくてレンタルしていた気がします。

そして、現在の新劇場版・・・こちらもまだ未完ですが続編が出た時にはまた木根さんはリアルタイムで劇場に足を運ぶのでしょうか?

他にも幾つかタイトルがもちろんありますがエピソード7公開時のスターウォーズ回もあります。
木根さんの上司たちの悲しき姿が見られます。

背中が泣いているというのはこういう時に言うのかなと思ってしまいました。

しかし、エヴァに関してはアサイ先生も納得いかない気持ちがあるのかなぁという心の叫びにも聞こえます。

完結しない作品の完結は早く観たいと思わされる3巻でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
476位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
97位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon