過去は無理でも・・未来は「実は私は」20巻


今回、黒峰は白神の両親たちの高校時代へ!

そこでなぜ源二郎が頑なに人を信用しないのか、その理由を知ることになります。

過去の源二郎はまだ人並みのサイズ。
吸血鬼であることも未来の奥さんの桐子、その他の亜人種である茜たちといった関係者以外にはバレていません。

そして、源二郎たちの過去を知るために過去にあまり干渉しないよう茜に注意されますが茜の計らい(?)によって・・・

実は私は20-1
転校生として学校にやてきます(笑)

そこには渚の父親もいたりと驚きを隠せない黒峰。

騒がしいクラスでありながらも学友がちゃんといて楽しい学校生活をエンジョイしている源二郎。

楽しい過去の学校生活をしていた黒峰ですがそこへ当時の学校校長である「白雪」が登場。

白雪の挑発にのって過去を変えようと奮闘する黒峰。

が、過去へ連れてきた凜から今まで過去改変は一度もできていないという事実を告げられます。

それでも奮闘する黒峰。

実は私は20-2
ですが過去を変えることは結局できませんでした。

結局、白雪の手のひらの上で踊らされていた黒峰。
何もできないまま、現代に帰ってくることになります。

結局は凜の言ったとおり過去は変えられませんでした・・・・・・が







































実は私は20-3
未来は変えられる

未来からやってきた渚の言葉。

凜や渚は過去を変える・・・元い現在の黒峰たちの未来を変える手助けをするために未来からやってきたことを告げます。

ちなみに紅本先生が彼女らの隣に佇んでいるのは別の理由です(笑)

そして、凜の正体も判明。
唯の未来人ではなく実は・・・黒峰の孫でした

そんな凜や渚に背中を押され、改めて白神を守る決意を固める黒峰。

しかし、自体は急展開を迎えます。

実は私は20-4
突如、茜の前に現れた白雪











































実は私は20-5
白雪の手により血を流し倒れる茜

一体、どんな展開が待ち受けているのか?

白神と黒峰の今後が気になる20巻でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
413位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
92位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon