図書室の危機!!やってきたのはパンジーの・・・4巻「俺を好きなのはお前だけかよ」


帯に書いてありましたがなんとジャンプ+でコミカライズが決定したようです。
どんな人が作画するのかわかりませんが楽しみです。

パンジーとサンちゃんをくっつけたがっていた野球部マネージャー「たんぽぽ」もその一人。
ある理由でサンちゃんとパンジーをくっつけたがっていたたんぽぽ。

自身を美少女と称し、誰も彼もが自分を好いてくれることに疑いを持っていません。
そんなたんぽぽから協力を頼まれたジョーロでしたが、このエピソードは今回の物語の序章に過ぎませんでした。

利用率が悪いということで図書室が閉鎖されることが決まってしまい、なんとかしようと他校で同じような状況から図書室を復活させた生徒が助けに来てくれることになるのですがその人物はパンジーの中学時代のクラスメイトでした。

ジョーロと似た感性を持ちながら彼の上位互換(ジョーロ曰く)である「ホース」そして、彼に好意を持っている「チェリー」と「つきみ」
チェリーとつきみの好意に気づかないホースは中学時代、外見のせいである悩みを抱えていたパンジーを助けてくれ、新たな悩みとなってしまった人物。

パンジーのことが好きなホースは中学時代にパンジーに告白していますが断られています。しかし、彼に助けられた恩義もあるため彼に対してあまりハッキリと意見を言えずにいたパンジー。彼女は彼のことを誰よりも苦手な人物。

今まで見たことがないほど、困り果てるパンジー。
なんとか彼女を助けようと動くジョーロ。

そんな中、ガングロギャルから思い切り変わったサザンカ。
父親と仲直りさせてくれたことがきっかけがわかりませんがジョーロに好意を持っているようです。
今後も登場する機会があるのか気になるところです。

そして、ホースに勝負を挑むジョーロ。

コスモス、ひまわり、あすなろとチェリー、つきみの5人がジョーロとホースどちらがパンジーにふさわしいか決めてもらうというもの。
しかし、コスモスとひまわり、あすなろはジョーロの仲間。

ホースにとっては勝ち目のない勝負・・・・・・ということをわかった上でホースに勝負を仕掛けたジョーロ。
卑怯!卑怯すぎです(笑)

・・・が、そんなに物事は思い通りに動いてくれません。

チェリーやつきみからホースがパンジーを好きで自分たちはホースが好きだが彼の幸せを願い何よりもチェリーとつきみお互いの友情が壊れるのを嫌った二人は自らの恋を諦めてホースの恋を応援することに。

それを直接聞かされたジョーロやコスモスたち。

しかし、コスモスやひまわりは二人の考えとは別。
彼女たちは恋も友情も両方欲しています。

そのため、コスモス、ひまわり、あすなろの3人は早々にホースに票を入れます。
そして、ここでジョーロへ告白!
勝ち戦のハズがいきなり大ピンチになってしまったジョーロ。

甲子園予選でジョーロとホース、二人の学校が対決することになった場合の勝負でも票が入ることになりますが仮にチェリーとつきみの二人と甲子園予選でジョーロの学校が勝利しても3対3です。

どのようにホースとの勝負が決着がつくのか気になるところですが続きは5巻という気になるところで4巻は終了。

しかし、ものすごくクライマックス感が強い4巻。
コミカライズも決定したのに5巻で完結するんじゃないかという勢いですが、あとがきでブリキ先生に6巻で無茶ぶりすると告げているので5巻以降も続くと信じていいんですよね駱駝先生!?

そんな訳でパンジーの中学時代が明らかになった4巻でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
462位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
97位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon