14歳のコスプレイヤーと1冊30万円のイラストレーター「14歳とイラストレーター」


ラノベの挿絵と同人誌を稼ぎとしているイラストレーター「京橋 悠斗」の家に突如現れた女子中学生の「乃木 乃ノ香」

悠斗のイラストのファンである乃ノ香はその後、彼の身の回りを献身的に世話をしてくれるようになります。
そこで悠斗から語られるイラストレーターの収入事情とかが明かされていくのですが、元々あるきっかけがなければイラストレーターとしてラノベに挿絵を描いておらずに画家になっていたかもしれないらしい悠斗。

この作品、職業ものを題材にしたラノベ。
過去にもそういった作品は読んで記事にはしていましたが、大抵そのあとにラブコメがくっついているのが今までの王道って感じでした、電撃文庫のエロマンガ先生もそうだし。

こちらの作品にもありそうな感じはしつつもあまりコメディには力を入れていないといった感じがしました。
読んでいてイラストレーターをやっていて嬉しい話や苦労した話なんかが語れている感じ。

それでも物語としてのしっかりとトラブルが起きたりはしているので後半の展開が気になってしまったりという要素はしっかりとありました。

2巻を出すことを前提で書かれているからかラノベ小説としては珍しく1巻目で見事に続きが気になる展開で終わらせているので・・・2巻以降でもう少しラブコメ色が強くなるのかなと気になっています。

それ以外にも作家さんの名前が出ていても登場はしていないのでイラストレーターと作家さんの掛け合いも見て見たい・・・そんな展開を期待してしまう作品でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
93位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon