1度目の普通だった高校生活の7巻「中卒労働者から始める高校生活」


今回は丸々、斉藤と富田が通信制高校に通う前の高校生活の続きです。

お互いに相思相愛となっていく斉藤と富田ですが富田には彼女がいて、しかも彼といることに執着。別れたいと言っても別れてもらえず・・・さらに彼は家庭もちょっと複雑なようで両親から離れて一人暮らしをしていた富田。仕事をしなければいけない彼ですがそれは彼の実家がお金に苦労しているから。

若くして本人の望まぬ形で働いてお金を稼いで家に入れてそのため、年相応に夢があっても諦めさせられて・・・と、普段笑顔でいる裏で誰にも気づかれずに不満を抱えています。

そして、ある出来事をきっかけに一気に二人の関係は進みます。
一見すると感動的な出来事のようでしたが富田が彼女と分かれていない事実は変わらず。

その事実を告げられ、彼女と別れると言い切った富田ですがその言葉を受け入れることができずにいる斉藤。

しかし、時間は刻一刻と進み、彼女の体に変化をもたらせます。
ひなぎくです。
その後、学校をやめて富田の前から姿を消した斉藤。

そして、時が経ち同じ通信制学校で再開することになった二人。
次巻は現在の斉藤と富田がメインになるのでしょうが、ほとんど出番がなかった主人公・・・過去編(しかも主人公じゃない)だったので仕方ないけど、次巻は主人公らしく出番が増えて欲しいですね(笑)

真実の出番なしの過去編(斉藤の)7巻でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
359位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
80位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon