勇気を振り絞った改めての6巻「ゲーマーズ!」


中々、誤解を生んでしまうラストだった5巻ですが、その誤解を解くためにどうすればよいかという景太と亜玖璃。

一方でその原因を作ってしまったとも言える人物、花憐と祐も悩んじゃっています。
ゲーム部のメンバーとそのことについて討論までするのですが何故か逆転○判風に語られる運び方に笑っちゃいました。

そんな状態の中、景太は花憐に対しての一大決心。
なんとなし崩し的に付き合うことになってしまった花憐に対して自分の想いを告白。

誤解はありつつも関係が一歩進んだようにも思えます。
とはいえ祐と亜玖璃の関係はまだ修復できていないようにも思えます。

そして、今回は景太の弟「光正」が初登場。
過去に景太から語られていることはありましたが本格的に登場したのは今回が初めて。

兄も認めるイケメンの光正。
しかし、その実態はとんでもないブラコン。

花憐や祐に対して兄に釣り合っていないとまで言っちゃいます。
高校では景太が言われていそうな言葉をぶつけられてしまいます。

一方で千秋や亜玖璃に対しては好評価。
実はちょっと調子が悪かった景太に対して気を使っていた事がつながったようで一方で花憐と祐は過去に兄を傷つけた相手に似ているとかで印象が悪いようです。
ですがコノハに対してはそんなこと関係なく悪評価でしたけど(笑)

とにかく兄が好きな光正。
亜玖璃のことを素晴らしい友人と評する一方で千秋には是非兄と結婚して欲しいとまで思っています。
彼の好みのタイプとか関係なく、兄に似ている彼女が結婚して二人の間に子供が生まれれば二人にそっくり・・・・・・兄にそっくりな子供が生まれることを臨む弟・・・・・・結構恐いです。

そんな千秋は遂に思い切った行動に出ます。
自分の正体、気持ちを全て景太に告白。

果たして景太の回答は・・・?

景太の弟、光正が危ないイケメンだった6巻でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
359位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
80位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon