FC2ブログ

外見コンプレックス喪女のラブコメ「ブスに花束を。」

そういえば、昨日は池袋のビックカメラで4Kテレビを見比べてみたのですが、よく知らないメーカーの安いテレビも見てみたけど思っていた以上に綺麗に映っていて安い4Kテレビも悪くないかもと思ってしまいました

まあ、結局買ったわけではないのですが、でもやはり家電量販店、家電を取り扱っているスーパーと違って、しっかりと宣伝して4K映像で映してくれています

スーパーとかだと4Kの映画とかじゃなく通常のデジタル放送なので4Kテレビで見てもイマイチ、画像の綺麗さ加減がわからないんですよね、もちろん(?)安い4Kテレビだと大手の4Kテレビと比較して4K映像でも荒さが見えましたが、比較することでそれでも良いかどうかが判断材料としてあるのはありがたいです

とはいえ、購入するとなるとレコーダーも4K対応に買い換えないといけなかったりと出費は大変なことになりそうですが(笑)

そんな、見栄えつながりと関係ありませんが今日の記事は「ブスに花束を。」です

単行本が発売当時に気にはなっていたのですがタイトルがあまり好きになれなかったので購入していなかったのですが最近、TSUTAYAでレンタルしているのを見かけて借りてきました

見た目がブサイクというコンプレックスを抱えて高校生活を送っている女子「田端 花」
自分をスクールカーストの底辺と決め付けてなるべく周囲とかかわらないようにしていたら気がつくとボッチな高校生活・・・・・・だけど、そんな彼女の学校での秘密の楽しみ、誰も教室に来ていない時にクラスの花を替えていい女感を感じること(泣)

・・・・・・が、そんな秘密の楽しみをクラスのイケメン「上野 陽介」に見つかってしまって、そこから高校生活が徐々に変化していきます

まあ、ぶっちゃけると個人的に思ったのはKADOKAWA版「君に届け」って感じが強い作品
とはいえ、違いもあって君に届けはラブストーリーだけど本作はラブコメかなという印象
田端の過剰なコンプレックスが笑いに繋がっています

ただ、毎度この手の漫画を見て思うのは流石にヒロインをガチなブスにはしていないなということ
・・・なんですが、4話の扉絵でスマホゲームでニヤニヤしている田端の顔はブスでした(笑)

とはいえ、基本内気で周囲ととけ込めないでいる田端とイケメンで周囲に人が集まる上野と、どんなふうに進展していくのか

そして、上野に好意を持つけど、田端と上野の距離に危機感を覚えるクラスの美少女「鶯谷 すみれ」がどんな形で田端に関わってくるのかも気になってくるところです

取り敢えず、早く続きを読みたいです。
スポンサーサイト



「惡の華」を観て来ました

ドラクエウォークを続けて今日でドラクエウォークプレイ中のトータル歩数が10万歩を超えました
結構ガッツリ遊んでいるけど、位置ゲー特有の問題かもですがバッテリーの消費の早さはどうにかして欲しい

で、今日はドラクエウォークをやりつつ、池袋に映画「惡の華」を観て来ました
シネ・リーブル池袋という映画館へ行ってきたのですが、普段自分が池袋に行った時に利用している場所と反対方向だったのでスマホで検索しながらでもたどり着くのに苦労しました・・・最悪上映時間に間に合わないかも・・・・・・と思いましたがそんな時に頼れる交番の警察官、道を訪ねたら向かっていた方向と真逆にありました(笑)

方向音痴は地図を観ても迷うということですね(笑)
まあ、行ってみたら行ってみたらで思いのほかこじんまりとした映画館でちょっと驚きました

池袋だからもっとデカい映画館を想像していました
今回はポップコーンを頼んで食べましたが、パフェもあるみたいなのでまた行く機会があれば今度はパフェを食べてみたいです

ちなみに「悪」ではなく「惡」じゃないとレビューサイトとかだと見つけられないかもしれないのでご注意を
そんな訳で映画の感想はコチラ↓

短編集の次は傑作集「魔女とディナー」

最近、ブログの更新を意識していても出来ていない日が増えていて、あまり気にしない方がいいかな?なんて思う今日この頃
ま、今日は祝日で仕事も休みだから更新しますけど

てなわけで、今日の記事はコチラ↓

高橋留美子傑作集「魔女とディナー」
前回の短編集「鏡が来た」から約4年ぶりの読み切り集ですが・・・傑作集とか短編集とか劇場とか使い分けているのは、何なんだろう・・・おかげで短編集と言いづらい(笑)

とはいえ、今回は「中年男性」が主役でまとまった1冊
前作の鏡が来たの時にも似たようなこと書いていますが本作の面白さは少年漫画で活躍している高橋先生の青年誌向けの普段の連載作とは毛色の違う作品になっていること

シリアスな中にブラックコメディめいた感じの作品にまとまっていて1年に1本のペースで出している読み切り作品なのに、良い中年男性が年下の若い女性に惹かれてしまうところ・・・・・・まあ、当然うまくいくわけはありませんが

単行本のタイトルになっている「魔女とディナー」も含めて全6本の読み切りが収録されていますが個人的に好きなのは「死ねばいいのに」

会社を早期退職して夢であった小説家の夢を追うために応募作品を執筆する男とカフェを経営することが夢であった奥さんの話

若い頃から小説家になる夢はあったみたいですが奥さんと結婚するために就職して労働に明け暮れていた男・・・・・・一方で奥さんは小さなカフェを経営という夢を叶えて、カフェレストラン10軒を経営して年商5億は稼ぐという大成功を果たして、今や・・・作中には出ていませんが、きっとサラリーマン時代から夫婦の上下関係がハッキリしていたのではという夫婦

早期退職して奥さんの収入があるからこその執筆活動・・・・・・奥さんには頭が上がらないのですがそれでも横暴な態度に旦那は殺意を憶えて、どうやったらバレずに殺せるかとか脳内で考えています

さらにはようやく書き始めた小説を読んでつまらないと一蹴されて、旦那は遂に・・・・・・

でも、なんやかんやで殺人計画はうまくいかず
書き上げた小説も落選

最後のコマはなんとなく平和な夫婦を感じさせます
・・・というか、奥さんメチャクチャ横暴ではなるけど、奥さんなりに旦那のケツ蹴って小説書かせているようにも見えて、アレ?結局、旦那さんを応援している?っていうふうにも見えるんですけど、私だけ?

あ、もちろん年下の若い女性は登場します(笑)

次回作はまた4、5年後?かもですが楽しみに待っています。

迷い込んだ先は大正時代「MAO」

今日は朝から東京の方のコジマにパソコンを見に行ってきたけど・・・デスクトップPCが以前購入した時より(5年くらい前?)減っていてあまり選べず、しかもAmazonで軽く調べると安い上にスペックがお店よりも良い商品が普通にあったりと・・・結局ネットで購入したほうがいいかなという形で落ち着く・・・まあ、でもスペックを見たりするのはネットより何故か、お店の簡単な表記の方が見やすかったりするので、何も購入はしていないけど、行ってよかったかなとは思っています

で、今日はまたまた、今月発売された新規タイトルの漫画です

高橋留美子先生の最新作「MAO」

境界のRINNEから一転して本作は犬夜叉のようなストーリー漫画
幼い頃に事故で瀕死の重傷を負った「黄葉 菜花」

中学3年となった菜花が事故現場に訪れると大正時代に・・・・・・
訳もわからない状態で大正時代に来てしまった菜花

突然、妖に襲われて逃げている時に「摩緒」と出会い、菜花は助けを求めますが摩緒は助けず
妖に腕を切り落とされてしまう菜花ですが、どうにか摩緒によって妖は倒して現代に戻ってきますが、そこから菜花の生活に変化が・・・

運動音痴だったのに自電車よりも速く走りマンションの屋上までジャンプできたりと、普通の人間ではできないことができてしまうように

その後、大正時代に訪れることになる菜花
摩緒と再会して自分が大正時代に来ていることを知ることになる菜花ですが
そこで摩緒が「描鬼」という妖との因縁を知りますが、菜花も幼い頃にあった事故で化物を見たと摩緒に告げますが、それが描鬼なのか、描鬼と繋がりのある妖なのか、今後の物語の重要な要素となりそうです

現代と大正時代を行き来する菜花
描鬼を追う摩緒

どんな展開が待っているのか11月発売予定の2巻が楽しみです。

「見えない目撃者」を観て来ました

取り敢えず、今日は昼過ぎから雨かも・・・と覚悟はしていたのですが今日の関東は特に雨の影響もなく過ごせました

で、そんな中、本日は映画「見えない目撃者」を観て来ました
自分は好きなジャンルだったので問題なかったのですがサスペンス映画だと思って観たらホラー要素もかなり強い作品

ホラー苦手な人が観るのは正直、キツイなと思わせる作品でした

でも、本作は韓国映画「ブラインド」のリメイクらしく
レビューを書くときに知りました

そんな訳で感想はコチラ↓

メッチャ強いけど、気にせず日常な日常>バトルなコメディ「ゆこさえ戦えば」

今日からAmazonで増税前の最後のタイムセール
まあ、増税前とか言って増税後の最初のタイムセールも今と変わらない値段にならなくもない気がしますが・・・・・・

とはいえ、今回遂に興味のあったSSDを購入、PS4でどれくらい早くなるのか実際に体感してみたかったので
・・・・・・ただ、タイムセールとは関係ありませんが(笑)

さっきの振りはなんだったんだというのは置いといて
今回も昨日に続き新規タイトルの漫画を紹介

本日は「ゆこさえ戦えば」です

これまた、昨日記事に書いた「ポンコツちゃん検証中」と同じく週刊少年サンデーの連載漫画

普通の日常を過ごしていた女子高生「新王寺 ゆこ」に突如取り付いた悪魔「ギギラ・キングレイ」にデイアブロイルという悪魔が人間に付いて、最後の1人になるまで戦い続けるという、昔アニメ化もした某有名漫画に設定は似ていますが・・・・・・まあ、それはさておき

そんな戦いに強制参加する羽目になったゆこですがまったく気にせず学業優先で普通に日常を過ごします

おかげでギギラは1話目からピンチに追い込まれます・・・・・・が、ゆこのデイアブロイルでの才能はとてつもなく、ふとギギラを意識して流れでた力でもギギラもビックリの威力を発揮

恐らくデイアブロイルでの戦いでは無敵なんじゃないかというくらいトンデモない力を持っていたゆこですが、ディアブロイルには興味なし

ディアブロイルに最後まで勝ち残ればどんな願いも一つ叶えてもらえると聞いても興味なし

でも、トンデモない力を秘めているゆこに戦わせる気を起こせば、ディアブロイルで最後まで勝ち残るのも夢ではないため、なんとかゆこに戦わせようと、色々と方法を模索します

・・・・・・というバトル漫画みたいな設定なのに、あんまりバトらないコメディ漫画でした。

世界を救う鍵はポンコツ娘・・・だけど中身はラブコメ「ポンコツちゃん検証中」

約2週間ぶりの平日更新・・・・・・最近は残業が多くて中々、更新できず・・・・・・だけではなく中々、本が読み終わらずに記事にするネタができなかったりでした、最近は漫画よりもゲームや映画の記事の方が多くなっている気が・・・・・・(汗)
でも、今日は漫画の記事です

というのも、今週は週刊少年サンデーで面白そうな漫画の新規タイトルが3冊も!!

まあ、そのうちの1冊は高橋留美子先生のマオ
もうこれは高橋先生の新連載ということで買うのは決めていたので残りの2タイトルはどうしようかなと思いつつも買いました

で、今日はその1冊

「植木の法則」や「サイケまたしても」の作者、福地先生の新作
福地先生、能力バトル系の漫画が多い印象ですが今回は思い切り路線を変えてコメディ作品に挑戦したみたいです

見た目が怖いため誰かに頼られたいのに逃げられてしまう高校生「水戸 要」

そんな周囲から避けられている水戸を頼る女子「夢咲 舞落」は毎日何かしらの能力を神様から与えられ、どんな能力なのかを検証するために水戸は夢咲に協力・・・・・・が、夢咲は与えられた能力でおかしなことをしてしまい、毎回失敗するポンコツちゃん

水戸も四苦八苦しますが、頼られているのが嬉しいため一生懸命に夢咲をフォローしていきますが、次第に二人共相手の事を意識して・・・懸賞コメディなんて謳っていますが、中身は思い切りラブコメ

ですが、実はこの夢咲の毎日の能力検証は重大な仕事
というのも1年後に地球に落ちてくる隕石を阻止するために、神様から与えられた能力で何が有効なのかを選定しなければいけないからです

果たして二人は1年後にやってくる隕石を阻止できるか!?・・・ということよりも正直、水戸と夢咲・・・この二人が度のように進展するのかの方が気になってしまう作品です。

「スーパーマリオ ヨッシーアイランド」のプレイ動画その1

今日は朝から雨・・・昨日布団を干せなかったので今日こそはと思いつつ、昨日の夜の時点で雨の予報を見ていたから、もしかしたらと思っていましたが案の定雨・・・・・・来週こそは布団干したい

で、今回はスーパーファミコンの「スーパーマリオ ヨッシーアイランド」のプレイ動画
といってもスーファミで実際にプレイしたわけではなくswitchでオンラインサービス加入者がプレイできる「スーパーファミコン Nintendo Switch Online」のソフトからプレイ

途中まで忘れていたのですが巻き戻し機能が意外と便利で思っていた以上にゲームが難しかったので役立てています
少しづつのプレイなのでいつクリアできるかわかりませんが・・・とはいえ、ダウンロードはやっぱりプレイするの楽です

とはいえ、マイクロSDだと外付けHDDと違ってどうしても容量に限界が・・・switchは一応2TBのマイクロSDに対応とか書いてあったけど・・・・・・そんなマイクロSD見たこない(笑)

そんな訳でヨッシーアイランドのプレイ動画はコチラ↓


2年目の決着!「弱虫ペダル」63巻


最近、配信されたDQウォーク
買い物とか昨日の映画館に行く時なんかはちょっと遠回りになりつつもゲームを楽しみながら歩いています

で、今日の記事は「弱虫ペダル」63巻です
この巻で長かった2回目のインターハイも遂に・・・遂に決着します


渡辺先生のコメントで35巻から始まったインターハイ
インターハイだけで28巻のボリュームって長いですね
レースは3日間だけど、4、5年くらい走っています(笑)

とはいえ、ようやく山岳との二度目の決戦に決着です
前回のインターハイのラストもそうでしたが今回も、只々全力でペダルを回す、坂道と山岳

最後まで走り抜けた坂道の姿に只々、驚く段竹に坂道に抱きついた橘を見て来年のインターハイでのレギュラー獲得に俄然やる気を燃やす定時(笑)

でも、今年のインターハイで総北がゴールまでたどり着いたのは坂道と今泉の2人だけ
昨年以上の壮絶なレースだったことが感じられます

御堂筋は今回も気がつけば会場からいなくなっています

インターハイが終わって束の間・・・時間予告で坂道がマウンテンバイクにチャレンジ!?
まさかの3年目のインターハイ・・・ではなくマウンテンバイク編に突入・・・ってことでしょうか?

取り敢えず、インターハイ決着と表彰式で2回目のインターハイの幕が閉じられた63巻でした。

「記憶にございません!」観て来ました

きょうから3連休ですが、昨日まで残業残業でした
かなしいかな台風上陸した月曜日も・・・・・・正直、この日は仕事行きたくなかったですね

無理して出社すると偉いという日本の今も昔も変わらぬ風潮っていつになったら変わるんでしょうね?

で、今日はそんな頑張って働く人たちにと全く関係のない映画「記憶にございません!」を観て来ました
久しぶりに三谷監督映画で楽しみでしたが、予想通りの楽しさで大満足

てな訳で、さっそくですが感想はコチラ↓

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
439位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
98位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
Amazon
月別アーカイブ