fc2ブログ

これからフェスだぜーーーーっ!!



という訳でこれからフェスを参加します

今日はこれだけ!

新しい一歩を踏み出す2巻「こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌」


まさか2巻が出るとは思っていなかったので正直、発売を知ったときは只々、驚きました

コミカライズされたからもしかしたら、というのと11月には本編の方の実写映画も公開、そしてスピンオフ2巻の発売です

1巻では響平とこぐちが旧図書室を守るためにビブリアファイトに奮闘した二人
今回はそんなビブリアファイト部に新入部員「戸成 早紀」が登場

いかにも体育会系な見た目の早紀ですがやっぱり運動は好きみたいで、ビブリアファイトで戦う部と思って入部・・・が、既にビブリアファイトをする必要がなくなったので平和そのもの

ですが私立図書館で小学生に本を紹介することになった響平たちですがそこで出会った聖桜女学園の「天塚 のどか」と出会い、響平たちが扉と知り合いであったことを知ると、突然ビブリアファイトを申し込み、対決することになります

のどかはいかにもお嬢様学校のお嬢様というキャラですが、周りに秘密にしていることがあり、それを響平に偶然知られてしまいます
それが聖桜女学園とのビブリアファイト後に大きな波乱へとつながっていきます

栞子をはじめビブリア本編のキャラクターも登場しますが
前回に比べると抑え気味な印象

ビブリアファイトもやっていますが、今回はこぐちの様々な感情や成長が描かれています

3巻がでるのかはわかりませんが、もし出るのなら早紀もビブリアファイトに参加してほしいですね

1歩前へ進めた2巻でした。

恋はデッドコピーじゃない?完結3巻「ゲームやるから100円貸して!」


最終巻・・・だけど、なんと新キャラが登場

杉田君の元カノ「先島さん」
転職して弓原さんがいる今の会社に勤めていますがその前は先島さんのいる会社で仕事を教わっていたみたいですが、それが原因で転職することになったみたいです

先島さんの無自覚なストー○ー行為により気がつくと恋人→婚約+先島さんのお父さんの会社の後継になってしまった杉田君
知らないうちに恋人にされるのも結構、怖いけど勝手に会社の後継に認定されるのも恐ろしいですね

しかも、先島さんのお父さんの会社はスポーツジムを経営
運動音痴な杉田君とは相性最悪です

さらにハッキリと関係を否定されてもまったく、譲らない先島さん
・・・が、そんな彼女の気持ちに終止符を打ってくれたのは意外にもマスターです
まあ、マスターは傷つきますが(笑)

杉田君の元カノ問題は解決しましたが今度は弓原さんがお母さんにお見合いをセッティングされてしまいます
断ろうとして勢いで言ったためかお相手がいると勘違いされて実家に連れてくるよう言われる弓原さん
連れてくると宣言してしまった弓原さん

そんな弓原さん、彼氏役を杉田君に頼みます
そして、ラストということもあってか弓原さん、少女時代の恋バナ(?)もあったり

とはいえ、この漫画はラブコメとデッドコピーのゲームを紹介する作品
ヘンテコなゲームを紹介しつつもハッピーエンドにつながります

100円返してもらっていないことに気づいた完結3巻でした。

田舎にドタバタ帰省の4巻「中原くんの過保護な妹」


3巻ラストで突如、田舎の実家へと帰ったまりあ

何故、実家に帰ったのかを知るために祐介に瑠衣、麻帆も同行します
とはいえ、実家に帰ってすぐにまりあから事情を聞くのですがすでにえりかにメールで通知済み
祐介には起こさないようにとメールを送らなかったようですがそれがアダになったみたいです

で、まりあが実家に帰ったのは父である「次郎」がぎっくり腰のため・・・母の「里美」の面倒をみるため

父親の介護と仕事の手伝いじゃなくお母さんの面倒・・・というのは里美は超絶不幸体質で数歩歩くだけで何かトラブルが発生してしまいます

一方で麻帆は田舎でひとり取り残されて右も左もわからない状態で迷子になってしまい祐介に助けてもらいます・・・といっても原因作ったのは祐介たちですが(笑)

ですがそれがきっかけか麻帆は祐介は恋しちゃいます
でも祐介はそれに気づいていません・・・とはいえ結構、積極的に行動する瑠衣

二人の進展があるのか気になる所です

そして、自宅へと帰るまりあと祐介達ですが里美も一緒に田舎からやってきます
さらには何故かまりあ達の自宅へ一緒に麻帆もやってきます

目的は祐介へのアプローチ・・・なんかではなく家出
従姉妹らしき人物「黒崎 華音」がいるからのようで・・・ほっぺげ先生の別作品で登場していた人物みたいですがまた、登場するかな?

瑠衣の恋も今回、決着がついてしまったようで突然、髪をバッサリ切った瑠衣
理由はわかりやすいのですが津田山には既に恋人がいてその相手は瑠衣のお姉さんである愛

妹が自分の彼氏に恋していたと知った愛は瑠衣に謝罪しようと暴走
・・・が、一番暴走するのはまりあ、色々と納得がいかないのか持てる力を全て使って二人を仲直りさせます

怒ったまりあには誰も逆らえないみたいですが、今回の騒動で失恋した人物がもうひとり・・・祐介です(笑)

麻帆にチャンスがやってきたとも言えますが、どうなるんでしょうね
最後にあとがきで5巻で新キャラが出る事が告げられていますがどうなるんでしょうか?

トラブルと失恋がだらけの4巻でした。

二の腕は気持ちいい?8巻「女子かう生」


8巻はもも子、しぶ美、まゆみの3人の登校前の朝が描かれています

起きて二度寝するもも子、しぶ美は「メガネ、メガネェ」でメガネを探してまゆみはおばあちゃんにおはようの挨拶
しぶ美は食事して顔洗ってに対してまゆみは先に顔洗って次に食事、もも子はまだ起きません

しぶ美はヘアアイロンが指に触れてしまって熱がっている姿は7巻の調理の回で不器用な一面を見せているから、度々やっているような感じを思わせます

もも子は最後までだらしないからかパンを加えて登校しています

学校ではもも子がふと自分の二の腕を揉んでみたら気持ちよかったのか授業中、二の腕を揉んでいます
自分の太ももや胸を揉んでみますが二の腕には勝てないようです

さらにはしぶ美の二の腕も揉み出しますが腕が細いのか揉み心地はもも子の腕の方が良いみたいです
でもそんなしぶ美の二の腕はもちろん、もも子の二の腕よりも素晴らしいのがまゆみのほっぺみたいです(笑)

自分の二の腕に癒されていたもも子でしたが、他にもまゆみの寝グセに癒されています
しかも、しぶ美も一緒に

お手洗いで髪をセットしたり体操着を着ている最中に寝グセが治ってしまうのではと緊張する二人
しかも、その後まゆみの寝グセが危なそうになったら体をはってまゆみ(の寝グセ)を守る二人

最後はバレてまゆみはプンプンですがそんな姿も可愛らしいです

他にも3人でラーメンを食べたり、しぶ美が雷を怖がったりスケートをやったり
さらにはもも子が知らない子供に鉄棒を教えてあげたりしています

あとがきではもも子が姉のきづくの肩もみをして凄いこっているなぁという感じで力いっぱい肩もみをしてあげますがそんな姿を見たお母さんが今度は肩もみをお願い

気合を入れて肩もみをするもも子ですがお母さんの肩はもっとこっています
お母さんの苦労を何かしら感じたのかきづくと一緒に肩もみから全身マッサージになっています

まゆみのほっぺは柔らかい8巻でした。

「斉木楠雄のѰ難」をTV視聴

今日はちょっとAmazonで買いたいと思っていた商品を調べていて時間が遅くなったので記事は休もうかなと思ったけど「斉木楠雄のサイ難」が地上波で初放送ということで視聴したのでそちらの感想を
※サイの字が表記できなかったのでカタカナで記載しています

明日は漫画の感想を書こうと思います

映画の感想はコチラ↓


たこ焼きVSたい焼きの7巻「女子かう生」


最近、記事に書いていなかったなぁとか思いつつ、前に8巻が書店に並んでいるのを見つけて帯にアニメ化決定と書かれていてビックリ!

原作を再現するならサイレントアニメ(セリフなし)になるけど、どうなんでしょう?かなり前ですが海外の映画「ベルヴィル・ランデブー」というサイレントアニメ(かなーり前に記事に書いたこともある作品)の吹替が全然、サイレントになっていなくてガッカリした記憶があるので、やるのなら思い切って、BGMとSEのみでやって欲しいですね

もも子たちはOPとEDの歌だけで登場とか(笑)

まあ、アニメはまだ先なので置いといて久しぶりの感想

今回はもも子たちが調理実習で料理に挑戦
もも子は予想通りちょっとふざけている感じで調理を進めていますが、以外にもしぶ美は苦手なようで包丁を顔真っ青にして握っています・・・ちょっと息遣いも見ていて怖いです

それが悔しかったのか今度は自宅でゆで卵に挑戦・・・しかも半熟
鍋で煮込むだけ・・・・・・と思っていたのでしょうか・・・最終的にはガッツリ煮込んでしまい半熟にはならず
また、なにか料理を披露して欲しいですね・・・成功するかは別として(笑)

食べ物のお話はそこで終わらず、今度はもも子が帰り道に立ち寄った商店街のたこ焼きとたい焼きに惹かれてしまいます
・・・が、このたこ焼き屋とたい焼き屋はお向かいということもあってかライバル店のようでもも子に自分のお店の品を買ってもらうために色んな特典をつけて誘惑します

どちらにしようか悩んでいる中、助け舟を出してくれたのはしぶ美とまゆみ
持つべきものは友・・・ということでしょうか(笑)

しぶ美の不器用な一面が見られた7巻でした。

「サガ スカーレット グレイス 緋色の野望」プレイ日記その2


少し前に記事を書いたばかりですが書いちゃいます

というのも今日、ようやく1周目をクリアしました!
クリアしたのはレオナルドという主人公

Vita版では比較的サクサク進めすぎたためか技も装備も貧弱なまま、ラスボスに挑んで結局勝てず・・・
で、鍛えなおそうとしましたがシンドくなってしまってやめてしまいましたが

今回はそんなことありませんでした!
やはり難易度調整されているのと全体的にロード時間とかが改善されてプレイしやすかったのが大きいです

前の記事にも書きましたが話を進めるのを忘れてひたすらバトルの繰り返し
恐らく中盤くらいで主力メンバーはHPMAX

で、昨日ようやく、ラスボス直前まで進めて
本日、遂に討伐完了です

しっかり準備を整えたのもあると思いますが調整で標準でもVita版より恐らく簡単になっているからか思い掛けずあっさりと倒せちゃった感じがします

とはいえ、実はVita版でプレイしていた最初の主人公もレオナルド
今回、クリアできてかなり嬉しいです!!

2周目は一応やろうとは思っていますがクリアできるかは・・・
まあ、他に未クリアのゲームもあるので、取り敢えずそっちを優先かな・・・と

クリアできたらまた、記事に書くかもです。

アシスタントは弟(兄)大好き姉妹「早乙女姉妹は漫画のためなら!?」


新人漫画家としてジャンプで連載しているものの人気が中々取れていない模様の「早乙女 モブユキ」

高校中退して漫画家をやっているモブユキ
そんな彼のアシスタントは高校生の姉「ノアン」と中学生の妹「カノン」

ラブコメ「ラブロボ」を連載しているモブユキですが重要なシーンとかでイマイチ、魅力的な絵を描けないためか担当編集から修正を指示されて悩んでしまっている時に弟のためにと体を張った資料を提供しようとするノアン

過剰に接してきちゃうノアンにモブユキはドキドキさせられますが、そんな姉の行動に負けられないと言わんばかりに妹のカノンも積極的になってしまって、モブユキはそんな姉妹に振り回されてしまいます

連載はジャンプ+で読んでいるのですが単行本発売まで過去作に気づきませんでした
山本先生、少年ジャンプで連載していた時期があったんですね

漫画のタイトルは知っていたので、ジャンプ+で連載してからジャンプで連載していた頃より思い切って描いているなぁとは思います

単行本はいわゆる乳首券という名の無修正版ではあるのですがジャンプ+でも期間限定で無修正版を掲載しているみたいで少なくとも掲載初日の水曜日は無修正版が掲載されています

弟(兄)大好き姉妹がモブユキの漫画のためにどんなことをするのか?
あと、モブユキはなんで高校中退してまで漫画家になる道を選んだのかとか、その辺が気になります

・・・でも、この作品で一番ヤバイのはモブユキの担当編集である「瀧波 レモン」です(笑)
第6話みたいなことをする人が現実にいたら大抵の漫画家さん引く気がします。

<関連サイト>
ジャンプ+「早乙女姉妹は漫画のためなら!?」

「ロックマン11 運命の歯車」プレイしました


先週発売されたロックマン新作
久しぶりのロックマン、体験版は一応やったのですがクリアできず(泣)

愛変わらず難しいなと思いつつもプレイして昨日クリアしました!
難しいとか言っておいてクリアするの早くない?という方もいるかもですが本作は難易度が設定できますで、私がプレイした難易度はADVANCEDという久しぶりにロックマンをやる人向けの2番目に優しい難易度です

最初はサクサク進んで後半は苦労しながらもE缶とか駆使しつつ、クリアです
で、今回は2周目もあるみたいなんですが2周目で難易度を変えられるわけではないみたいなんでNewGameで難易度を一つ上げてORIGINAL SPECとロックマンをやったことある人向けの難易度でプレイ

そしたら・・・・・・難しい!!
受けるダメージは増えて、敵も心なしか固くなって初期の残機が減ったりしています
何よりもチェックポイントも減っていて実は自分が最初にプレイした難易度はチェックポイントが多かったのです

デフォルトかと思ったんですけどORIGINAL SPECでミスしてからの再開場所が変わっていて明らかに難しくなっていました

個人的にはしょっぱなからE缶ないとキツイ感じ
なんとか1ステージクリアできたところです

まあ、難易度に関係なく過去のシリーズよりも簡単に感じる部分もあって、敵から手に入ることがあるネジを集めると、ロックマンの戦いに有利になるパーツを購入したり、E缶や残機を購入することができるし、ゲームオーバーになっても獲得したネジはそのままなのでボス戦までネジを貯めてアイテムを沢山購入してボスに挑むことができるからクリアはしやすい・・・かも

それでもクリアできなければまあ、腕を磨くしかありませんが(笑)

とはいえ、まだクリアしたいゲームもあるので取りあえずはそちらを優先かな?
クリアできたらまた記事に書こうと思います・・・クリアできれば(笑)

最後はADVANCEDの時に無茶だろうと思っていた箇所について、つぶやいた動画です

現在の読者数

現在の閲覧者数:
ページ数
プロフィール

三日酔い

Author:三日酔い
漫画やラノベ、映画の感想やゲームのプレイ感想とか動画をのんびりと載せていきます
漫画に関しては最近、電子書籍での購入が増えています。

クリックお願いします

FC2Blog Ranking

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
716位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
151位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon